空と風のうたブログ
読書記録(BL&非BL)、ゲームの感想など。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダブル・ベッド
2005年05月06日 (金) 09:26 | Edit
[書籍概要]
タイトル:ダブル・ベッド
著者:吉田ナツ
イラスト:海老原由里
出版社:ビブロス(ビーボーイノベルズ)
発売日:2005/04/20
収録タイトル:「ダブル・ベッド」 「アイム・ホーム」

[あらすじ]
設計事務所のエリート営業マン・佐伯は仕事も恋愛も軽くそつなくこなすタイプ。しかし新人設計士・実里との恋が彼を変えてしまった。嫉妬もしない大人しい恋人がもどかしく、ついつい泣かせてしまいたくなる。むさぼるように抱き合っても、もっと欲しくなってしまう。愛しすぎたらうまくいかない――解っているのに止められない、この想いの行き着く先は!?

[感想]
前半は攻めの佐伯視点でした。今まで軽く浅い恋愛しかしてこなかった佐伯は、最初は一夜限りのつもりだった実里を、本気で愛しく思うようになっていく――そんな佐伯の心の動きがメインだったかと。これまでの自分のスタイルとは全然違う実里への想いを持て余し気味にしつつも、それでも実里の見せる仕種や態度が可愛くてたまらないという佐伯が丁寧に描かれていたと思います。けれども、どこまでも素直で従順で、何も訊かない、何も求めようとしない実里が、次第にもどかしく思えてきて苛立ちを覚えるようになります。実里が愛しいからこそ、余計に強くそう感じるんですよね。でも、実里の方は佐伯の苛立ちを敏感に察して、より控え目になり、少しずつ確実に二人は擦れ違ってしまう。そんな風に、お話は進んでいきます。
全体的に、淡々と静かに流れていく、そんな印象を受けました。佐伯の想いや、切なさ、お話の中に流れる独特の雰囲気……ゆるやかに進みながら、じわじわと染み入ってくるような、何とも言えないような思いになりました。でも、そういったものを近くで感じるというのではなくて、遠くから見ているような感じもありました。お話の中に入り込めなかったのは確かですね。だからといって、このお話が嫌いだというわけではないんですよ。必ずしもお話の中に入り込んで読む必要もないと思うし、どういう距離で読むかはお話によって様々だと思うし。ただ、もう少しだけ入り込めたら、もっと良かったかなあと。……何だか解りにくい文章になってしまってすみません。
後半の「アイム・ホーム」は実里視点。実里は元々、素直な性格だったのでしょう。それが、前半のお話で極端に控え目だったり、何も求めようとしなかったのは、その生い立ちからきているのです。早くに両親を亡くして、唯一自分を気に掛け引き取ってくれたのが伯父さんだったのですが、この伯父さんというのが、放浪癖があり一人でないと生きられない……そんな人です。自分を引き取ったために伯父本来の生き方を妨げてしまったと、実里はずっとそう思っていて、だからこれ以上何かを求められないんですね。そんな実里が、佐伯と共に過ごすことによって、少しずつ変わっていくというのが後半のお話です。
佐伯は、前半での心の揺れが嘘のように、実里に対して真っ直ぐな気持ちを伝えてきて……色々な場面で、実里が求めていることを素直に口にしてもらおうとしているのが解って微笑ましかったです。実里は最初、別れの時を常に頭に置いて佐伯と接しているのですが、段々、佐伯と離れられないと思うようになっていくんですね。少しずつでも変わろうとする実里の姿が、無理なく自然に見えて良かったなあと思いました。佐伯と連絡が取れなくなった時に実里が取った行動も、これまでの実里とは思えないくらいで。それだけ、佐伯が大切な存在なんだなあと改めて思い知らされた気分です。実里が思い切り佐伯に自分の感情をぶつけたシーンには、ほっとしましたしね。「帰る場所」のなかった実里がやっと手に掴んだ「帰る場所」……それは勿論、佐伯のことですが、物理的なものだけではなく心の「帰る場所」があるって良いなあとしみじみ感じました。佐伯と実里のような、お互いがお互いを変えていける関係って理想的だなあと思えたお話でした。
それから、この後半のお話では、実里と伯父さんの関係に関しても書かれています。実里も伯父さんも、不器用で、お互いに気を遣いすぎて……すごく優しいんです。実里が大きくなるにつれて一緒に暮らす時間はなくなっていったけれども、互いに幸せを願い合っている大切な家族。遅まきながら、そんな思いを確かめ合えた二人を見届けられて良かったです。

個人的評価:★★★☆

ダブル・ベッド 詳細情報→ 【Amazon】 【bk1】
スポンサーサイト
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan / design edit: さまない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。