空と風のうたブログ
読書記録(BL&非BL)、ゲームの感想など。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夜明けがきても抱いていて
2005年10月16日 (日) 21:24 | Edit
[書籍概要]
タイトル:夜明けがきても抱いていて
著者:由比まき
イラスト:小山田あみ
出版社:オークラ出版(アクア文庫)
発売日:2005/11/18
収録タイトル:「夜明けがきても抱いていて」 「月のない夜でも」 「発熱パラダイス」

[あらすじ]
以前、ヴァリオノベルズから刊行された「夜明けがきても抱いていて」の文庫化です。ノベルズと文庫ではあらすじが大分違うんだな~と感じたので両方載せてみました。個人的にはノベルズのあらすじの方が好きかな。

▽アクア文庫のあらすじ
両親を事故で亡くした高校生の忍は、探偵である叔父の凱に引き取られることとなった。その後、毎晩のようにセックスを強要されるようになるが、幼い頃に負ったトラウマで、忍は他人に触れられることを恐れていた。性器に触れられても痛みしか覚えず、凱からもたらされる愛撫は、忍にとっては苦痛でしかない。だけど、引き取ってもらった恩があるから、忍は凱を拒めなくて……。

▽ヴァリオノベルズのあらすじ
両親を事故で亡くした忍は、自称名探偵である凱と二人暮らし。幼い頃のトラウマが原因で、自分は不感症だと思い込んでいる忍は、毎晩の様に身体を求めて来る凱の気持ちが判らずにいる。そんな中、『学院内の売春組織を壊滅して欲しい』という依頼が凱の元に届き、忍もY学院へ潜入することになったのだが……。肝心な『言葉』が足りずにすれ違う、二人の恋と事件の行く末は……!?

[感想]
血の繋がらない叔父と甥のカップルです。忍にとって凱は、母親の再婚相手の前の妻の弟……という(ややこしい)関係です。
血が繋がっているわけでもないのに引き取ってくれた理由が解らず、けれど凱のことをすぐに好きになって家族になれたことが嬉しくて、だからこそ、凱のために役に立ちたいのに何もできなくて悩む忍。最初は仕事のついでと好奇心から顔を見に行くだけのつもりだったのに、ひと目忍を見た途端、探し求めていた理想のパートナーだと感じて忍を引き取った凱。はっきり両想いなのですが、お互いの気持ちを知らないために擦れ違っている二人です。心の中でいくら想っていても、相手には全く伝わりません。言葉が足りない以前の問題かも……とことん意志の疎通が出来ていないんですよね……。まあ、忍が凱の邪魔にならないようにと離れようとしても、凱は絶対に忍を手放さないんですけどね。
忍は、幼い頃のトラウマから、大人に触れられることに耐えられなくなっています。身体は反応しても、快感を感じることができないんですね。そのことが忍を追いつめる。探偵の仕事もまともに手伝えない、夜も凱の役に立てないと。一方の凱は、何とかして忍のトラウマを消そうと必死です。忍が心を開いてくれるのをずっと待つつもりでもいます。でも、強引だし、嫌われると解っていても(実際は嫌われてないんですけどね)忍を前にすると抑えられなくなるようで。もうちょっと我慢しようよ……って感じです。忍にベタボレなのは良く解るんですけど、さすがに毎晩はやりすぎというか、これはどうなの……と。でも求められなかったら、忍は別の意味でまた悩むことになるわけで。やっぱり言葉って必要ですね。
そんな二人の関係が多少なりとも変化するきっかけは、凱の元に届いた『学院内の売春組織の壊滅』依頼。忍まで学院に潜入することに強硬に反対する凱ですが、忍に必死にお願いされて結局折れます(ああ、ここでも凱の忍へのベタボレぶりが……/笑) 単独行動はするなと言われた忍は、けれど、どうしても凱の役に立ちたくて、誘われた“高収入のバイト”に当たりをつけて、自ら売春組織に登録してしまいます。この後の展開の想像がつくだけに却ってハラハラしました。そのことを知った凱の様子とかも。実はこの事件には忍のトラウマの元凶が関わっていたのですが、その元凶の言動がかなり恐かったです。今回は凱が助けてくれたけど、こんな目に遭ったらそりゃトラウマにもなります。まして幼い頃は今回以上のことをされたわけですしね。
そんなこんなで。危険な目に遭いつつも、忍のトラウマも克服できて、凱との行為にも感じられるようになりましたが、気持ちの上では擦れ違ったままで終わってしまっています。来月には続編の「夜明けは涙がかわくころ」も文庫化されるようなので、そちらを待つことにします。お互い相手のことを想っているのは確かなんだから、今度こそ、それをちゃんと言葉にして心も通わせて欲しいです。

個人的評価:★★★★★

夜明けがきても抱いていて 詳細情報→ 【Amazon】 【bk1】
スポンサーサイト
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan / design edit: さまない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。