空と風のうたブログ
読書記録(BL&非BL)、ゲームの感想など。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戸惑う瞳の優美な罠
2006年08月02日 (水) 00:07 | Edit
「戸惑う瞳の優美な罠」 ★★★★☆
著:水城薫/イラスト:高座朗/角川書店(ルビー文庫)

戸惑う瞳の優美な罠

[あらすじ]
就職活動中の上村総を拾ってくれたのは、噂のゲーム会社・ブランチラインの社長・関口雅也。見た目軟派なくせに構いたがりな雅也は、子供っぽい総を過保護に甘やかし、優しく見つめてくる。その甘い視線が、総は何故だか照れ臭くて…!? けれど、彼の幼馴染みという同僚の氷山へ向ける親密さが気になり始める。「特別」なのは氷山だけ…? 雅也への気持ちに気づき始めた頃、総を陥れるある事件が起きて──。世話焼きベンチャー社長×やんちゃ新入社員の甘やかされ系ラブ!

[感想]
「灼けつく肌の甘美な罠」のリンク作。「灼けつく~」は攻が好きになれず、話としても私の好みとは合わなかったのですが、こちらは結構好きです。
前作も読んでいるし視点も関口と総の交互なので、総が関口の氷山への態度を誤解したりしても、安心して読めました。
それにしても、関口のような攻は良いですね~。世話好きで構いたがりで、総にベタ甘。勤め先の社長(関口のこと)に対する態度とは思えない総の言動も許容、というかむしろ面白がってます。仕事自体はきちんとしているし、関口以外の社員には丁寧に接しているので、読んでいる方も不快には感じなかったですしね。情報漏洩の件では、私的な面だけでなく、総の性格や入社した経緯等から客観的にも考えた上で、総を信じた点がポイント高いです(総には誤解されましたが……)
情報漏洩の件は結構あっさり解決した感じだったかな。犯人は思いきりバレバレだし。あからさまに怪しいんですよねえ。自ら自分を窮地に追い込んでるし。そんなことしたら逆効果だって解らなかったのかなあ……。
最後になってしまいましたが、総と関口の恋愛に関して。どちらもお互いに好意を抱いているのですが、それが恋愛感情だと認めるまでは割と遅めでしたね。そして、関口は案外手が早かった……(笑) けれど翌朝、関口への告白も交わした会話も行為も総が覚えていなかったのには、関口がちょっと不憫になったり……(もっとも、それでへこたれる関口ではないですが) 後できっちり思い出したようなので良かったです。でも、ラストは、出来ればもうちょっと先まで書かれていればなあと。恋人になったその後を見てみたかったので。でもまあ、相変わらずの二人かな?とは思いますけどね。



この本でちょうど100冊目の感想になります。
途中、更新停滞したりしつつも、ここまで続けられて嬉しいです。
今後もお付き合い頂けると幸いです。よろしくお願いします。
スポンサーサイト
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan / design edit: さまない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。