空と風のうたブログ
読書記録(BL&非BL)、ゲームの感想など。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【リベリオンズ~Secret Game 2nd Stage~】
2013年04月02日 (火) 16:12 | Edit
リベリオンズ~Secret Game 2nd Stage~ 初回限定版 (オリジナルサウンドトラック 同梱)

【リベリオンズ~Secret Game 2nd Stage~】、フルコンプしたので感想など。
今作は、【シークレットゲーム CODE:Revise】のリメイク作品で、【シークレットゲーム-KILLER QUEEN-】の続編です。正確には続編ではありませんが、その辺はネタバレなので追記にて。
CODE:Reviseの感想はこちらにあります。以下の感想は、それらを踏まえたうえで書いていますので、できればそちらを先にどうぞ。

今作は、CODE:Reviseの時には2ルートだったものが、3ルート+αになっています。ルートAは、CODE:ReviseのALONEを踏襲しつつ、エピソードが追加されていたり、生存プレイヤーが変わっていたり、他にもちょこちょこ変更点があります。ルートBに関しては、セカンドステージ移行の要因とクライマックスの舞台は同じなものの、CODE:ReviseのREBELとはまったく別の展開になっています。ルートCは、新規ルートですが、CODE:ReviseのREBELでのキャラのエピソードも入っているので、完全に新規とは言えない感じですかね。でも、他のルートにはない試みがされています。そして、+α。これは追記にて。キャラに関しては、CODE:Reviseではあまり目立たなかったキャラもかなり深く掘り下げられていて良かったです。荻原結衣、黒河正規、城咲充あたりは特に。その分、割を食ったキャラもいるんですけどね。主人公カップルとか主人公カップルとか主人公カップルとか。ちなみに一番印象が変わったのは、黒河です。ただの凶暴男じゃなくなったよ! いや、むしろ黒河が主人公でも良かったんじゃないですかってくらい、まさかの黒河でした。

以下は、ネタバレです。それでも良い方はどうぞ。
続きを読む >>
スポンサーサイト
【シークレットゲーム CODE:Revise】
2011年04月10日 (日) 20:06 | Edit
3/31発売の、【シークレットゲーム CODE:Revise】の感想です。

シークレットゲーム CODE:Revise

【シークレットゲーム CODE:Revise】は、【シークレットゲーム-KILLER QUEEN-DEPTH EDITION】の続編です。正確に言うと、続編ではないのですが、その辺りはAFTERまで見れば解る、ということでここでは割愛。基本的な部分は前作と同じなので、それも割愛。前作の舞台は建物内でしたが、今作は廃村ということで、フィールドが広がりました。あと、人数も、13人→14人になってます。ジョーカーの分が増えたわけですね。大きく違うのは、ファーストステージとセカンドステージがあるということ。ファーストは比較的クリア条件が緩やかで、プレイヤーたちの思考・行動次第では全員生存可能ですが、とあることがトリガとなってセカンドに移行すると、クリア条件が変更され、全員生存は不可能になってしまいます。今作は、ALONEとREBELの2ルートがありますが、まぁ、当然のごとくどっちのルートでもセカンドに移行してしまうんですけどね。

▼ALONE
セカンドに移行するところまでは体験版でプレイ可能です(製品版では、体験版にはなかったシーンが追加されている部分がありました)。体験版では、主人公・修平の好感度も高く、体験版ラストも非常に気になる終わり方で……体験版の続きをかなり期待してたんですが。期待はずれ……とまではいきませんが、修平の好感度はもう上がることはありませんでした。むしろ下がる一方です。更に言うと、REBELでもっと下がる。まぁそれは、REBELで書くとして。修平にとって唯一無二の存在だった琴美を失って、「俺には誰も必要ない」とか言って皆殺し宣言までしちゃった割に、その後の行動ときたら……。

以下、体験版以降の内容のネタバレがあるため、たたみます。ラストとか本当にネタバレしてますので、それでも良い方のみどうぞ。

続きを読む >>
【シークレットゲーム】(2)
2010年06月27日 (日) 12:53 | Edit
【シークレットゲーム-KILLER QUEEN-DEPTH EDITION】、終わりました~。思ったより時間がかかってしまったけど、一応昨日のうちには終了。タイトル画面が変わったり、座談会やNG集が見られるようになったりと、コンプ後も楽しませてもらいました。
……というわけで、EPISODEⅣ。今回は、Ⅰでパートナーだった咲実が再びパートナーに。そしてもうひとり、今まで出番のなかった優希も。この2人は総一にとって特別な人物です。3ヶ月前に亡くした幼馴染兼恋人の優希にそっくりな咲実と、同じ名前を持つ優希だから。総一は、守れなかった優希の代りにこの2人を無事に帰すことを決めるのですが……優希のPDAは9、首輪を外す条件は自分以外の全プレイヤーの死亡。優希にそんなことをさせるわけにはいかないので、仲間を増やすのと同時に何か他の方法を見つけようと動きます。出だしはこんな感じ。
でも、Ⅳでやっと優希(幼馴染の方)の姿がはっきり解ったけど、そんなに咲実に似てるかなぁ。似てないとはいわないけど、似てるともいえないような。まぁ総一が似てると思ったんだからそれで良いんでしょうけど。総一が自分を大事にしない理由もはっきりと明示されて、それに関して咲実が叱責するところは良かったな。総一のそういうこところに時々いらっとしていたので、すっきりしました。このシーンで咲実の印象も大分変わったです(良い方に)。
Ⅳは最終ルートだけあって、大団円的な終わり方でしたね。これまでのEPISODEで疑問だった部分も、あらかた解ったと思うし。生存者数もこれまでで最多の10人。高山生存ルートはないのかなぁと言っていたけど、ありました~。総一達8人組と高山&手塚組に分かれちゃって、高山とは敵対してしまうわけですが、最終的にはどちらの組も生存で良かった。というか、高山&手塚ってなかなかいいチームというかコンビだよね。結構好き。敵に回したくはないけど。手塚は全ルートで敵対しますし、かなり残酷なことも普通にやってますが、なんか嫌いになれないんだよ~なんでだろ。それと終盤。高山&手塚組の様子もちょこちょこと挿入されていたのに、終盤なかなか出てこなくってやきもきしました。きっと総一達が絶体絶命になったタイミングとかで出てくるだろうと思いながら進めているのに出てこない……と思っていたらやっぱり最後の最後で登場。良いところを二人で持って行ってくれましたね。でもエピローグでは出番なしでちょっと残念かも。

EPISODEⅠ~Ⅳの各キャラの生存回数は以下の通り(だったと思う)。Ⅲは2ルートあるので、全5ルート。
総一  4
咲実  2
優希  1
麗佳  3
渚   2
かりん 3
文香  2
葉月  1
高山  1
手塚  1
郷田  1
長沢  0
漆山  0

長沢と漆山が不憫すぎる……! 大団円的なⅣですら生存できてない……。総一は主人公だけあって4ルートで生存。でも、5ルート全部生存したキャラはいないですね。……表向きは。ネタバレなので詳しくは書きませんが、5ルート全部生存したキャラがひとりだけいる……かもね。
漆山と言えば、ちょっと見境なさすぎじゃないですかね。Ⅱでは麗佳(大学生)、Ⅳでは優希(子供)と郷田(正確な年齢は解らないけど長沢にはおばさんと呼ばれている)、本当に見境ない……。でも、なんとなく郷田が本命な感じ? コンプ後の座談会でもそうだったし。ああ、知らぬが仏……(あ、ちょっとネタバレしたかも)。

というわけで、【シークレットゲーム】終了。最初はちょっと文章が読みにくかったけど、進めているうちに気にならなくなったし、話も面白かったので満足です。同人版もちょっと気になる……。
【シークレットゲーム】(1)
2010年06月25日 (金) 23:15 | Edit
予約していたものが色々届きました。が……この前言っていた、やりかけのゲームを途中で中断するのが嫌なので、今日届いたものはそのゲームをクリアするまで後回し。……と言っても、EPISODEⅢまで終了して、あとはEPISODEⅣだけなので、明日中には終わると思いますが。あ、そのゲームは【シークレットゲーム-KILLER QUEEN-DEPTH EDITION】というんですが、元々は、同人ゲームで、その後PS2に移植して内容もボリュームも変わったらしいです。で、更にそれをPCに移植したのが私が今やってるやつです。最近出たPSP版とどちらにしようか迷ったんですが、PC版には追加シナリオがあるとのことだったのでPC版にしました。サントラも付いてたし。OPの2曲がすごく好きなんですよね(EDの2曲も好きだけど特にOPが好き)。で、内容は、突然何者かに連れ去られて廃屋で目覚めた主人公たち13人が、理不尽に提示された条件を何とか満たして生きて帰ろうとする話。でも提示された条件というのが……まぁ、酷いやつだと自分以外の全員の死亡だとか3人以上殺すだとか……なわけです。条件を満たせば、首にはめられた首輪を外すことができ、生き残れる。でも、制限時間以内(72時間以内)に条件を満たせない場合は首輪の仕掛けが作動し殺されます。他にも色々とルールはありますが、簡単に言うとこんな感じ。それぞれに配られたPDAはトランプを模してあって、それぞれA~Kが割り当てられ、それぞれ数字によって首輪を外す条件が異なります(それ以外に、ジョーカーも一台存在します)。条件によっては協力し合うこともできるけど、そうできない人ももちろんいるし、生き残った場合の賞金(20億)は生存者で山分け。つまり生存者数が少ないほど賞金の額が増えるので、容易に他人を信用できない状況に追い込まれるわけです。……ところで、このゲームの主人公・総一のPDAはA、首輪を外す条件はQの所有者の殺害です。でも総一は誰も殺すことができないのが自分で解っているので最初から自分が生き残ろうとは考えていません。一緒に行動する人(パートナー)を助けるために動くことになります。パートナーはEPISODEごとに違いますが(生存者や味方になる人敵になる人もEPISODEごとに違う)、総一の目的は変わりません。総一がそんなんなので、たまに総一の自分を大事にしないところにいらついたりもしますが……でも、なかなかやめられなくて、EPISODEⅢまで一気にプレイしちゃいました。EPISODEⅠのパートナーは咲実、Qの所有者です。EPISODEⅡは麗佳、EPISODEⅢは渚&かりんでした。EPISODEⅢは途中で分岐があって、渚ルートとかりんルートに分かれます。そのかりんルートがPC版の追加シナリオのようです。

EPISODEⅢまでやってみて、それぞれの数字が大体解ったかな。()内は首輪を外す条件。
A 総一(Qの所有者の殺害)
2 高山(ジョーカーのPDAの破壊)
3 長沢(3人以上殺害)
4 葉月(自分以外の首輪を3つ取得)
5 郷田(建物にある24のチェックポイントを全て通過)
6 文香(ジョーカーの機能を5回使用)
7 漆山(開始から6時間目以降にプレイヤー全員と遭遇)
8 麗佳(PDAを5台破壊)
9 優希(自分以外の全プレイヤーの死亡)
10 手塚(首輪が5個作動。5個目の作動が2日23時間時点より前)
J 渚(開始後24時間以上行動を共にした人が2日23時間時点で生存)
Q 咲実(2日23時間の生存)
K かりん(PDAを5台以上収集)

優希はEPISODEⅠでちょっと出てきただけで(しかも既に死んでる状態……)、それ以外では一切出てきてません(EPISODEⅣでは出てくるでしょう)。EPISODEⅠでは漆山は名前も解らないまま最初に死亡。EPISODEⅡではⅠのパートナーだった咲実が名前も解らないまま最初に死亡、Ⅰでは仲間だった文香は一切出てこない。EPISODEⅢでも咲実は名前も解らないまま死亡しちゃうし、Ⅰ&Ⅱでは仲間だった葉月も一切出てこない。そんな感じで、EPISODEごとに色々と変化があるんですよね。あと、ジョーカーのPDAの所有者はEPISODEごとに違うみたいですね。Ⅲでは総一だったし。ちなみにEPISODEごとの生存者数は、Ⅰが2人、Ⅱが3人、Ⅲは渚ルートが4人でかりんルートが2人かな。まぁ、Ⅱは3人とはいえ実質は2人みたいなものだけど。各EPISODEごとにいろいろ疑問が残ってる部分もありますが、それは最後のEPISODEⅣで解る……のかな? ところで、Ⅰ&Ⅱでは仲間だった高山。Ⅲの渚ルートでは敵対したけど、その後にやったかりんルートでは仲間になってくれました。正直ほっとしました。いや~高山が仲間だと妙に安心できますね。総一も言っていた通り、良い人ではないですが、信用はできるもんね。……でも……結局ああいう展開になるのよね……。かりんルートの高山好きだけど、やっぱりああなっちゃうのか。思うんだけど、高山は総一達と関わりさえしなければどのルートでも生存できる可能性はあったんじゃ……。まぁ、EPISODEⅢでは総一がジョーカーを持っているわけだから、首輪を外すためには関わるしかないんだけど。高山が生存するルートはないのかなぁ。
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan / design edit: さまない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。