空と風のうたブログ
読書記録(BL&非BL)、ゲームの感想など。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無口な情熱
2005年01月30日 (日) 23:35 | Edit
[書籍概要]
タイトル:無口な情熱
著者:神奈木智
イラスト:椎名咲月
出版社:徳間書店(キャラ文庫)
発売日:2004/02/29
収録タイトル:「無口な情熱」 「饒舌な沈黙」

[あらすじ]
朱は、初恋の人である壱弥への片想いにケリをつけるため、東京でデザイナーをしている彼に会いに行こうと決める。一緒に付き添ってくれたのは、幼なじみで壱弥の弟の恭兵。無口で無愛想だけど、誰といるより寛げる親友だ。ところが壱弥と再会して以来、恭兵はどこか冷たくて不機嫌。憧れの人と一緒にいるのに、朱は恭兵の方が気になって……!?

[感想]
あらすじを見て、恭兵が朱に対してどこか不機嫌になってきたのがきっかけで、初めは親友だと思っていた恭兵がだんだん気になってくる、というお話なのかなと思っていました。でも、読んでみると、最初から、壱弥への想いよりも恭兵への想いの方が強いような感じを受けました。確かに、壱弥と再会してからの方が、恭兵のことを考えている時が多くなってはいるんですけど、最初から親友以上の感情を持っているような印象でした。ただ、そのことに朱自身が気付いていないだけで。
朱は、不機嫌な様子を見せるだけで何も言ってくれない恭兵の気持ちが解らなくて悩むのですが……後半の「饒舌な沈黙」はともかく、表題作に関してはすごく解りやすかったと思います。壱弥と再会してから不機嫌でよそよそしくなったのも、同じ部屋で寝るのを嫌がっているふうなのも。恭兵は無口なんだけど、それでも、朱が気付かないのが不思議なくらいでした。だから、壱弥に告白されて狼狽える朱を見ていて、恭兵に相談しようとか考えませんようにとか思ってしまったり。そうしたら、きっちり相談してしまいました……。その過程で、朱が恭兵への想いを自覚したのは何とも複雑な気分です。
「饒舌な沈黙」は、朱と恭兵が両想いになった後のお話。恋人としては初々しい感じが出ていて良かったです。でも途中からは、壱弥にいいところを邪魔され、振り回され、また恭兵が不機嫌に……な展開に。この壱弥の言動が不可解というか……壱弥にも壱弥なりの悩みや事情があっての行動だったわけですが、やっぱり「?」と思うことが多くて、壱弥は最後まで何となく掴みにくいキャラでした。一途に受けのことを想う攻めっていうのが好きなので、無口ではあるけど朱への想いは誰よりも深い恭兵は好きです。まあ、朱の気持ちを考えてのこととはいえ、不機嫌とイライラの理由や本音を口にしようとしなかったのは、さすがにどうなんだろうなあとは思いましたが。でも、最後は壱弥としっかり向き合って自分の言いたいことをきっぱりと告げたので、その姿は見ていてすごく頼もしかったです。

個人的評価:★★★

無口な情熱 詳細情報→ 【Amazon】 【bk1】
スポンサーサイト
買いすぎのような…?
2005年01月29日 (土) 16:04 | Edit
本日のお買い物。
小説6冊と雑誌2冊です。
いくら新刊が多いといっても、昨日のと合わせるとかなりの量……もしかしなくても、買いすぎのような気が。
ああ、出費が……と嘆きつつ(?)、それでも買ってしまうんですよね。
その上、他にも何か良さそうな本はないかな~と書店内を練り歩く始末。
って、これ以上増やしてどうするよ……(汗)


++<Novel>

・スイートルームで会いましょう!
 [天野かづき:角川書店(ルビー文庫)]

・手を伸ばせばはるかな海
 [崎谷はるひ:角川書店(ルビー文庫)]

・したたかに甘く、君を奪う
 [真上寺しえ:角川書店(ルビー文庫)]

・恋もアラシもキミしだい!?
 [三沢ナカ:角川書店(ルビー文庫)]

・グレゴールの遺言
 [絢谷りつこ:幻冬舎コミックス(リンクスロマンス)]

・抱きしめて、恋を教えて
 [大鳥香弥:幻冬舎コミックス(リンクスロマンス)]


++<Magazine>

・小説ショコラ 3月号

・Charade 3月号
本日のお買い物
2005年01月28日 (金) 15:52 | Edit
本日のお買い物です~。
小説8冊と漫画1冊。
発売日から数日経ってる本もあるけど、それでも、月末って、新刊発売が多いよなあ……。明日も雑誌とルビー文庫を買いに行かねば、ですし。


++<Novel>

・極道スターに首ったけ!
 [みさと美夕稀:白泉社(花丸文庫)]

・その、瞬間。 <プリーズ・ミスター・ポリスマン! 8>
 [竹内照菜:竹書房]

・挑発の15秒
 [秀香穂里:徳間書店(キャラ文庫)]

・泥棒猫によろしく
 [たけうちりうと:徳間書店(キャラ文庫)]

・嵐を呼ぶ台風!? <許可証をください! 3>
 [烏城あきら:二見書房(シャレード文庫)]

・恋の花
 [妃川螢:二見書房(シャレード文庫)]

・舞い落ちる恋の瞬き
 [早瀬響子:雄飛(アイノベルズ)]

・月夜にはじまるその恋は
 [檜原まり子:雄飛(アイノベルズ)]


++<Comic>

・世の中は僕らに甘い3
 [高口里純:徳間書店(キャラコミックス)]
カテゴリの追加など諸々のこと
2005年01月28日 (金) 15:25 | Edit
カテゴリ追加について。

Categoryに、「購入・雑記」を追加しました。
BL本(CDも)の購入記録や雑記などを書いています。
Linksからリンクを貼ってある、管理人の蔵書リストにも随時追加していきますので、よろしければ覗いてみて下さいね。
(2005/05/03:追記&修正)

--------------------

メールについて。

Informationにメールアドレスを書いていますので、何かありましたらご利用下さい。

--------------------

リンクについて。

当ブログはリンクフリーです。
貼ってあげるよという方がいらっしゃいましたら、どうぞお気軽にリンクしてやって下さいませ。その際、ご連絡頂ければ、こちらからも遊びに行かせて頂きます。

URL:http://sorakaze.blog4.fc2.com/
管理人:立花真幸

(2005/03/18:URL変更)
燕-SWALLOW-
2005年01月27日 (木) 21:28 | Edit
[書籍概要]
タイトル:燕-SWALLOW- <硝子の街にて7>
著者:柏枝真郷
イラスト:茶屋町勝呂
出版社:講談社(ホワイトハート)
発売日:2001/02/05

[あらすじ]
NYを立ち、東京に到着した伸行。待っていたのは6年も孫との再会を願っていた祖父母だった。11年間過ごした家に戻ってみると、ここもやはり“故郷”なのかと自問する自分がいた。伸行にとって、故郷とは、シドニーと幼い日々をともにしたNYしかありえないはずだったのに……。一方、ノブの突然の出奔に戸惑うシドニーも、殺人事件の解明のため、東京へ赴くことになり――。どこまでもピュアなノブとシドニーの友情と純愛のNY物語。

[感想]
前回、自分を見つめ直すために日本に帰ることを決意したノブ。そのため、今回は日本とNYに別れています。日本では勿論ノブ視点なのですが、NYではヘンリー視点で話が進みます。このヘンリー視点が新鮮でした。ヘンリーが、シドニーやノブをどういう風に見ているかなどを知ることが出来ましたし。そして、ノブが日本に帰ってしまってから様子のおかしいシドニーを心から心配しているのが良く解ります。
シドニーとヘンリーは、NYで起きた殺人事件の容疑者が日本で指名手配されていることが解って、急遽東京へ行くことになります。ホテルで、シドニーが子供の頃にノブと別れた日のことをヘンリーに語るんですが、その当時、シドニーは12歳で……見送りもできなかった自分を後悔して、芝生をむしりながら泣いて……。そんなシドニーの様子が目の前に浮かんできて、すごく哀しかったです……。
事件のことも気がかりなのですが、シドニーがノブの父親に、自分がゲイであること、ノブを愛していることを告白したシーンが1番心に残っています。何より、その時のノブの父親の反応が。「……知ってる」その一言を見た瞬間、この先の言葉がまだ解らないのに、何故か安堵したのを忘れられません。実際、その後のノブの父親の言動は肯定的なものだったので、ああさっき感じた通りだったんだなあと嬉しくなりました。ノブの父親は終始落ち着いていて、むしろシドニーの方が驚きの連続で。でも、シドニーにとっては1番の収穫だったんじゃないかなあと思います。
一方、ノブは、自分の“故郷”がNYなのか東京なのかで揺れて悩みます。NYと東京を行ったり来たりしている自分が、燕と同じように渡り鳥みたいなものなのかもしれないと。そして、悩みながらも、思い浮かぶのはシドニーのこと。シドニーは今どうしているのか……シドニーの瞳と同じ蒼い空を見たい……そんなことを何度も何度も思うんです。日本にいた時にシドニーから来た手紙を読んでいるノブが、気付かず涙を流していたノブが、切なかったです。
“故郷”のことについては、そのことに明確な答えが出るわけではないですが、私は、どちらもノブにとっての“故郷”であっても良いんじゃないか、2つの“故郷”があっても良いんじゃないか、とそう感じました。簡単に考えすぎでしょうか……。
結局、同じ東京にいたのに、会おうと思えば会えたのに、会えなかった……というより会わずにNYに帰ったシドニー。ノブとシドニーが一緒にいる場面が少なくて寂しくもありましたが……でも、ノブがNYに戻ってきた時の「お帰り」「ただいま」……というこの短い言葉が、寂しさも吹き飛ばしてくれました。戻ってきた場所に待っていてくれる人がいるって素敵なことだなあと。そういう意味では、東京で会うよりも、こちらの方が良かったんじゃないかなあと私は思いました。ともあれ、ノブにとってシドニーの存在がどれほど大きいかを再確認できました。ラストのシドニーがノブの頬にキスするシーンが優しくて好きです。
あと、あらすじの「友情と純愛の」という部分ですが、あとがきに「友情と生殺しの」という表現があって、思わず苦笑してしまいました。いやでも、本当にその通りなんですよね。シドニーにとっては、ノブが初恋で、ずっと想ってきた相手で。それこそ、ノブが生まれた時から片想いしていたといっても過言じゃないほどですし。……これからノブとシドニーの関係がどう変わっていくのかをずっと見ていたいです(そしてシドニーが報われる時を見たいです)

個人的評価:★★★★★

燕-SWALLOW- <硝子の街にて7> 詳細情報→ 【Amazon】 【bk1】
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan / design edit: さまない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。