空と風のうたブログ
読書記録(BL&非BL)、ゲームの感想など。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日の購入本
2005年02月28日 (月) 16:09 | Edit
本日のお買い物です。小説10冊とCD1枚。
これでも一応、抑えた……つもりなんですが(苦笑)

さて。
それでは早々ですみませんが、ゲームに戻ります~。


++<Novel>

・シークレット・ダンジョン <要人警護4>
 [秋月こお:徳間書店(キャラ文庫)]

・解放の扉
 [桜木知沙子:徳間書店(キャラ文庫)]

・おもちゃの王国
 [剛しいら:海王社(ガッシュ文庫)]

・合鍵
 [結城一美:プランタン出版(ラピス文庫)]

・たとえ、それが愛だとしても
 [久瀬桜子:角川書店(ルビー文庫)]

・蒼天の月
 [可南さらさ:幻冬舎(リンクスロマンス)]

・フィフス
 [水壬楓子:幻冬舎(リンクスロマンス)]

・加速する視線
 [義月粧子:幻冬舎(リンクスロマンス)]

・臆病な支配欲
 [かのえなぎさ:ワンツーマガジン社(アルルノベルス)]

・君ありてこそ
 [橘伊織:雄飛(アイノベルズ)]


++<CD>

・子供の言い分 <毎日晴天! 4>
 [菅野彰:ムービック]
スポンサーサイト
本日の購入本
2005年02月23日 (水) 11:50 | Edit
本日のお買い物。小説2冊です。
……そろそろ新刊ラッシュが近付いてきますね。
月末・月初めはいつも大量購入してしまうのですが(いや、それ以外でもしてるような気がするけれども)、今回もやっぱり多そうです。
あ、でも、1冊だけ来月に延期になった本もあるんですよね。……まあ、単に来月の購入本が増えただけなんですけどね。

そういえば、昨日言っていた「伯爵様は不埒なキスがお好き」のCD、聴きました。
期待の(?)コウモリエディですが……特にどんな声なのかイメージしていたわけではなかったので、違和感なく聴けました。むしろコウモリエディの姿を想像しつつ、楽しく聴いておりましたv
それから……明に殴られた時のエディの声が最高でした(笑)
チャーリー関連のシーンはどれも笑えましたし。思い切り間違っている「願いが叶うおまじない」が特に(笑)
番外編も面白かったです♪


++<Novel>

・愛執の楔
 [あすか:雄飛(アイノベルズ)]

・裏切りは恋への序奏
 [愁堂れな:雄飛(アイノベルズ)]
BLCD
2005年02月22日 (火) 15:09 | Edit
予約していたCDが今日届きました♪
発売予定日が明日のようなので、ちょっと得した気分?(笑)
といっても、まだ聴いていないのですが……。
タイトルは「伯爵様は不埒なキスがお好き」です(番外編CD&小冊子付)
買おうかどうか迷っていたのですが、原作大好きなので、結局予約して買ってしまいました~。
本編も番外編も、すごく楽しみなのです。
が、それ以上に楽しみなのは、コウモリエディがどんな感じなのか?ということです。
蔵王大志先生の描かれるコウモリエディがものすごく可愛いかったので、声にも期待してしまいます~ドキドキ(笑)
のんびりと堪能したいと思います~。

ということで。本日のお買い物は、CD1枚です。


++<CD>

・伯爵様は不埒なキスがお好き
 [高月まつり:バナナジュースカンパニー]
LOVE ROUND!!
2005年02月20日 (日) 11:35 | Edit
[書籍概要]
タイトル:LOVE ROUND!!
著者:高永ひなこ
出版社:フロンティアワークス(ダリアコミックス)
発売日:2003/09/20
収録タイトル:「LOVE ROUND!! 1~5」 「RING OUT!!」

[あらすじ]
小松菜は高校入学早々先輩の久保の失言に腹を立てて、久保を吹っ飛ばしてしまう! しかし久保は小さいのに威力抜群の小松菜のパンチに惚れ、ボクシングに誘う。ボクシングをする久保は格好良くて、小松菜は純粋に久保に憧れるが、久保はそれを自分に惚れていると勘違いして、逆に小松菜を好きになってしまい!?

[感想]
02/18の購入記録にもちらっと書いたのですが、最初からあとがきまで笑いっぱなしで読み終えてしまいました。終始、高いテンションでお話が進み、動きがあって非常に読みやすい楽しいお話でした。失言王・久保と、火事場のバカ力・小松菜のラブコメディです。……というか、ギャグですね(笑)
このお話は、キャラが個性があってすごく魅力的なんですよ。感情や表情が豊かで何事も一生懸命な小松菜はパワフルで、見ていて元気が出てきます。久保は、何でこんなに……というほど、失言しまくりで。鈍いし、特に考えもせず思ったことを口に出してしまうからなんですけどね。でも、そういう素直なところや天然なところは好感が持てます。ストレートに小松菜を好きだと言えるところとかね。まあ、小松菜にはしょっちゅう怒られて吹っ飛ばされてますけど。それがこのお話の笑えるところで、吹っ飛ばされる回数が本当に多いので(それだけ久保の失言が多いということですね……)笑いがおさまる前にまた次の笑いの波がやって来るという感じでした。
この二人は、ずっとこんな調子で、ちょっと良い雰囲気になっても、すぐに久保自身がぶちこわしてしまうのです……。最初は、久保の失礼な発言に腹を立てて殴っていた小松菜ですが、久保を意識しだしてからは照れ隠しで殴ってしまうことも多かったですね。今まで散々久保を拒んできて今更告白できないと悩むシーンなどでも切なさとは無縁です。いや、ちょっとは切なさを感じなくもないんですけど、その切なさを実感する前に笑える場面になってしまうという……。でもそこが良いなあと思う私は重症かもしれない(笑)
両想いになってからもやっぱり相変わらずで……むしろ久保の失言、小松菜のパンチともにパワーアップ(?)してます。でも、久保と小松菜にはずっとこんな調子でいて欲しいなあとも思ったり。何だかんだ言いながらも(殴りながらも?)、小松菜が久保を想う気持ちは伝わってきますし。しかし……お互い傷が耐えないお話でしたね。特に久保なんかほとんど傷だらけでした……すごく痛そうなんですが……久保って打たれ強いなあ(笑)
何度か読み返しましたが、その度に笑えて本当に面白かったです。久保も小松菜も可愛かったですー。

個人的評価:★★★★★

LOVE ROUND!! 詳細情報→ 【Amazon】 【bk1】
待人は遠くにありて
2005年02月19日 (土) 16:12 | Edit
[書籍概要]
タイトル:待人は遠くにありて
著者:ふさ十次
出版社:大洋図書(ミリオンコミックス)
発売日:2005/03/15
収録タイトル:「待人は遠くにありて」 「待人来たりて」

[あらすじ]
作家になる夢を諦めきれず、全てを捨て上京した神田透にとって、心の支えは文通相手の佐川武士だけだった。そして、透は佐川に対して憧れだけではなく別の感情があることに気付き始めていた。ある日、佐川が透の住む地へ来ることになり、透は緊張しながらも待ち合わせ場所に向かう。しかし、そこに現れたのは舎弟を連れたヤクザだった。戸惑う透だが、佐川の人柄に触れ、徐々に打ち解けていく。いつの間にか二人きりになり、透は突然、佐川にキスされラブホテルに連れて行かれて……!?

[感想]
思い切りツボなお話でした(笑)
あらすじだけ見るとシリアスな感じを受けるのですが、実際読んでみると、随所で笑いを誘われました。
佐川というヤクザが、とにかくヤクザに見えない。透可愛さのあまり最初は突っ走ってしまうんだけど、透に泣かれた上に逃げられて呆然としている姿や、舎弟に助言してもらっている様子が可愛いんですよ~。あと、透と離れている時の落ち込みように対して、透と一緒にいる時の全身から幸せが溢れ出しているような表情がもう、本当に可愛くて可愛くてたまらなかったです(勿論落ち込んでいる時も可愛いですよ) 最初はあれでしたが、透の方も憎からず佐川を想っているわけなので、だんだん二人が交流を深めていく様子は、ほのぼので、そして甘くて良い雰囲気でした。二人とも純情ですぐ顔が真っ赤になってしまったりして、お互い想い合っているのが伝わってきてこっちまでほんわかしました。
透が佐川の地元を尋ねるエピソードもあって、それが一番お気に入りです。佐川の舎弟を見ていても良く解るのですが、佐川のいる組がまた素敵なんです。組長は、色ぼけと言えば聞こえは悪いですけど……そこがまた良いというか。真剣そうな表情をしている時とのギャップなど、見ていて色々と楽しい人ですね。
「組」が、まさに「家」という感じで、地元の村の人達とも仲が良くて……本当に地元全体がアットホームという印象。みんな気さくな良い人達ばかりで、この人達と一緒に暮らすのはすごく楽しくて温かいだろうなあと思いました。幸せな気分で読み終えることが出来ました。

個人的評価:★★★★★

待人は遠くにありて 詳細情報→ 【Amazon】 【bk1】
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan / design edit: さまない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。