空と風のうたブログ
読書記録(BL&非BL)、ゲームの感想など。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不確かな抱擁
2005年07月30日 (土) 16:27 | Edit
[書籍概要]
タイトル:不確かな抱擁
著者:夜光花
イラスト:雪舟薫
出版社:竹書房(ラヴァーズ文庫)
発売日:2005/07/30

[あらすじ]
昔から、北斗の行く所には災いが起こる。その為、接触嫌悪症を患った北斗は部屋に閉じこもりがちな生活を送っていた。自分を取り巻く不思議な因縁は一体何なのか…。その原因を突き止める為、北斗は母の故郷、八ツ島へと向かった。7歳の頃その島で記憶を失ったのだ。記憶をたどれば、どこへ行っても疫病神の自分を変えられるかもしれない。しかし、そこで北斗を襲ったのは、再度の記憶喪失だった。島に着いてからの記憶がない北斗の身体には、誰かと抱き合ったような痕跡が残っていて…。

[感想]
7歳の頃になくした記憶と母の死の真相が解れば自分を変えられるかもしれない――そんな思いから、母の故郷の八ツ島へとやってきた北斗だったが、そこで再び記憶をなくしてしまう。気付いた時には、誰かにレイプされたような痕跡があるだけだった。その後、北斗は克哉という男と出会う。克哉は北斗を知っている様子で、それどころか北斗のことを知らない人などこの島にはいないとも言われてしまう。困惑する北斗に、この島から出るようにと克哉は言うのだが……。
と、こんな出だしのお話です。明るいお話ではないのですが、閉鎖された島での古くからの因習や信仰や儀式、それをどう打開するかなど、そういう設定や雰囲気が好きなので楽しめました。北斗の2度の記憶喪失や、母の死の真相、12年ごとに行われる祭り、島の守り神、神子……とにかく謎が多いお話。だからこそ、引き込まれます。結末は少し苦いものが残るのですが、謎の解明という点ではすっきりと終わっていたと思います。謎があって、それが少しずつ解ってきて、また別の謎が出てきて……でも最後にはきっちり明らかになる。その流れがすごく自然。先が読みたくて、ついつい夜更かししてしまうくらい、のめり込んで読みました。
北斗は誰かに触れるのも触れられるのも不快を感じるけれど、克哉だけは不快ではない。むしろ、心地良くて安心できるんですね。記憶の一部が戻った時、その記憶に克哉が関係していることにショックを受けるのだけれど、それでも克哉を信じたいという気持ちは消えないし、克哉に惹かれる想いも止められません。実際、克哉は最後まで北斗を助け出してくれる存在であり続けてくれました。昔も今も。北斗がある理由から克哉の手を振り払ってしまった時も、それでも克哉は北斗のところに来てくれます。北斗に対して優しいってわけではないけど、克哉のそういう行動が、こう胸に迫ってくるような感じでした。
因習をどう打開するかという部分も、北斗自身の考えと力で行動したので、北斗の思いがけない精神的な強さを見られたのが嬉しかったです。勿論、その強さには、克哉の存在が大きな支えになっていて、2人で掴み取った結末だというのも良かったです。
あと、えっちシーンが良かった。結構そういうシーンはあるのですが、ストーリーがしっかりしているし、ストーリーとえっちシーンが上手く合っているというのかな……どちらかに偏るのではなく、丁度良かったという感じだったかなあ。上手く言えなくてすみません。でも、久々にえっちシーンで萌えました(笑) えっちの時の克哉が妙にツボでした。個人的には、お風呂での克哉とのえっちが一番好きかも。触手なんかもあるのですが、割とそういうのは平気だったようで、問題なく読めました。まあ、触手というよりは……蛇なんですけどね。
結末の苦い点というのは、北斗の従兄弟の御陵のこと。御陵の言動は北斗を傷つけるものだったけれど、結局は御陵も島の因習に振り回されたひとりで。御陵には今のこの生き方しか与えられなくて、この生き方しか知らないから、こう生きるしかなかったから。それが当たり前になってしまった御陵自身を憎むことはできなかったです。北斗が生まれ変わって新しい生き方を模索できたように、御陵にも新しい道を選ぶことのできる未来があれば良かったのになと思わずにはいられなかったです。

個人的評価:★★★★★

不確かな抱擁 詳細情報→ 【Amazon】 【bk1】
スポンサーサイト
購入本
2005年07月29日 (金) 10:27 | Edit
最近の購入本です。


++<Novel>

・罪よりもいとしくて
 [杏野朝水:幻冬舎コミックス(リンクスロマンス)]

・ポルノグラフィック
 [バーバラ片桐:幻冬舎コミックス(リンクスロマンス)]

・騎士と誓いの花
 [六青みつみ:幻冬舎コミックス(リンクスロマンス)]

・恋になるまで身体を重ねて
 [鹿住槇:徳間書店(キャラ文庫)]

・レイトショーはお好き?
 [佐々木禎子:徳間書店(キャラ文庫)]

・ボディーガードは口説かれる
 [高月まつり:角川書店(ルビー文庫)]


++<Magazine>

・小説ショコラ 9月号
購入本
2005年07月26日 (火) 14:11 | Edit
今日は眼科に行って来ました。
台風の影響が心配だったのですが、行きも帰りも雨が小降りだったので一安心。
ただでさえ眼科はあまり好きじゃないのに、天気まで悪かったら最悪ですから……。
特に眼圧は駄目です。
無意識に逃げてしまうんですよね。
「目きちんと開いてないといつまで経っても終われやん」と言われても……「開けていたくても勝手に閉じちゃうんです!」と何度言いたくなったことか……。
1回でスムーズに終われる人が羨ましいなあ。
その後は、目薬で瞳孔を開いて。
これをすると、しばらくの間、目が見えにくくてしょうがない。
だから眼科は苦手なのです……。
とりあえず異常はなかったので、それは良かったんですけどね。
次回は半年後……まだまだ先ですが、半年なんてあっという間に過ぎちゃうんですよねえ……。

以下、本日の購入本です。


++<Novel>

・シリアスな白日夢
 [伊郷ルウ:ワンツーマガジン社(アルルノベルス)]

・LOVE NOTE
 [妃川螢:ワンツーマガジン社(アルルノベルス)]

・偽装愛人
 [水月真兎:ワンツーマガジン社(アルルノベルス)]

・御所泉家の優雅なたしなみ
 [神奈木智:徳間書店(キャラ文庫)]
購入本
2005年07月23日 (土) 15:06 | Edit
毎日、暑くてたまらないです。
電車に乗ってる時は涼しいんだけど、その分、外に出たら余計に暑く感じられるし。
今日は外に出る用事があったので、暑い暑いとぼやきつつも、その帰りに本を購入してきました。
最初の頃は買いにくかったBLも、今は平気で買えますが、「始末屋J」の裏表紙を見た時はレジに持っていくのをちょっと躊躇いました……。
ネットで買おうかと一瞬思ったんですが、今すぐ購入したいという思いが勝ったので、開き直りました(だって目の前にあるんだからすぐ欲しいじゃないですか)
でも、改めて家で裏表紙を見てみると、そんなヤバくはないかなあと思えてきました……(苦笑)

以下、本日の購入本です。


++<Novel>

・不確かな抱擁
 [夜光花:竹書房(ラヴァーズ文庫)]

・犬より愛して
 [藤森ちひろ:大洋図書(シャイノベルズ)]

・始末屋J
 [綺月陣:オークラ出版(アクアノベルズ)]

・愛の夜を実行せよっ!
 [高月まつり:オークラ出版(アクアノベルズ)]

・シンデレラゲート-奇跡のしるし-
 [氏之原鯖彦:オークラ出版(アクアノベルズ)]


++<Magazine>

・小説BEaST 2005年Summer

・小説アクア 2005年秋号
本棚バトン
2005年07月22日 (金) 17:58 | Edit
燈香亭のトーカさんから、「本棚バトン」を廻して頂いたので、答えてみました。
最近よく見かけている「本棚バトン」が、自分に廻ってくるとは全く考えていなかったので、ちょっとドキドキします(苦笑)
ではでは、回答をどうぞ。



▼家にある本棚の数

大きい本棚1、中くらいの本棚3、小さい本棚2、カラーボックス3。
本棚に入りきらない本は、袋に入れて山積み状態です。
というか入りきらない本の方が多い……。
そのうち、部屋全体が本棚になりそうな予感が……(汗)
あと、母の本棚が1つあります。でも本棚の用途は果たしていません……ビデオ置き場と化しております。


▼今読んでる本

・Fly me to the Moon (雪代鞠絵)
・レモンの誘惑 (真崎ひかる)


▼最後に買った本

・黒羽と鵙目6 (花郎藤子)
・薔薇の運命 菊の嵐 (清条サクラ)
・鋼の錬金術師11 (荒川弘)


▼よく読む本・また思い入れのある本(5冊)

・毎日晴天! シリーズ (菅野彰/二宮悦巳)
このシリーズは、私がBL商業誌を読むようになった初期の頃から大好きなお話です。
小説も漫画もCDも、全部揃えてます。
とてもひとことじゃ語れない、いろんなものがつまった、そんなお話。
どの巻も好きですが、特に好きなのは「花屋の二階で」かな?
龍&明信が一番好きなので。

・硝子の街にて シリーズ (柏枝真郷)
こちらもシリーズもの。
ノブとシドニーが、遠いNYの街で、現実に存在して生活している光景が自然に思い描ける。
恋愛も友情も事件も、ふとした日常の出来事も、現実感があって良いです。だからこそ辛い場面も多々あるのですが。
ノブとシドニーの関係が本当に好きです。親友の時も恋人の時も。
でもスティーブも好きです。

・獣な王様? (真崎ひかる)
何だか見事にツボにはまってしまったお話でした。
ついつい読み返してしまいます。
サバンナって良いかも……なんて、新たなジャンル(?)を開拓できました(笑)
でも、サバンナってあんまりないような……。

・嘘をもうひとつだけ (東野圭吾)
短編ミステリばかりを集めた一冊ですが、そのひとつひとつのお話が、妙に心に残っています。
このお話をきっかけに、この方の作品を読み漁ったんですよね。
特に「仮面山荘殺人事件」はお気に入りで、最後のどんでん返しが良かったです。

・英国妖異譚 シリーズ (篠原美季)
いろいろと人間関係が気になるシリーズです。
最新刊では、ユウリの従兄弟・隆聖も登場しましたし。
シリーズの中では、番外編の「背信の罪深きアリア」が特にお気に入り。
ユウリがセント・ラファエロに入学した当時のことが読めて嬉しかったです。


▼5人指名

5人。
5人ですか……。
うーん……思いつきません。
なので、もしバトンを受け取って下さるという方がいらっしゃいましたら、是非、声をかけてやって下さい。



……と、こんな感じでしょうか~。
思い入れのあるお話も、良く読む本も沢山あるのですが、5冊をといわれると、なかなかコレって挙げるのは難しいなあ。
あ、でも、挙げたのはほとんどがシリーズものなので、正確には「5冊」じゃないですね、すみません。
あと、本当はBLだけで答えようと思ったのですが、咄嗟に3作しか思い浮かばなかったので別のジャンルも引っ張り出してきてしまいました。

ここまで読んで下さってありがとうございました。
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan / design edit: さまない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。