空と風のうたブログ
読書記録(BL&非BL)、ゲームの感想など。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウサギは追うと、なぜ逃げる?
2006年03月06日 (月) 00:22 | Edit
[書籍概要]
タイトル:ウサギは追うと、なぜ逃げる?
著者:京橋ナルミ
イラスト:ほとぎ三咲
出版社:ドリームメーカー(バジルノベルズ)
発売日:2006/03/10

[あらすじ]
建築科の教授だった父の葬儀で、冷たい印象の美形と出会った八津。それ以来、近付いてくる彼・ソウは自分をウサギだの姫だのとからかってみたり、口説いてきたり。父に恩があり、八津を助けたいといわれても、八津は信用できない。おまけに彼には学生時代に盗作し、父を裏切ったという噂が。反発する八津だったが、彼を知るうちに、そのキャラクターや才能に魅せられていく…。

[感想]
ソウがとにかく訳の解らない人でした、最初は。
はっきり言うと、二度目に会った時に初めてソウの言動を見て、これは無理だと思いました。八津と同じく不愉快な気分になって、次にソウが登場するシーンの手前で一度本を閉じてしまったほど。まあでも、最後まで読もうともう一度開いたんですけどね。そうしたら……不思議です。最初はあれだけ苦手だと思ったのに、どんどんソウに引き込まれていくんです。気付けば、ソウの言動に振り回されて読むのが楽しくなってきていました。
お話としては、ソウが八津に接触してきた理由や父親のPCに残っていたプロテクトのかかったファイル、盗作の真相などを中心に進みます。最終的にこれら全てが一本の線で繋がります。それをここでは言いませんが、ソウをあれだけ悪し様に言っておいて、とちょっと腹が立ちました(あ、ちょっとネタバレしてしまったかもしれません…/汗) でも、ソウ自身に“自分はどう思われたって気にしない、八津が傷つくのを阻止したかっただけ”と言われてしまってはね……。でもやっぱり、少しはひっかかるけど……。
あと、建築をしたいという八津の思い、それをどうしても母親に言えずにいる迷い、そしてソウに惹かれていく様子が伝わってきました。警戒から段々と信頼に変わっていくのが良かったです。
ソウは、飄々として掴みどころがなくて。でも、軽い冗談のような言動のなかに、深いことを言っていたりもして。ころころ転がるものを追いかけているみたいでした。まあ、ソウにしてみればころころと逃げ回る八津を追いかけていたのでしょうけど。ソウと八津のやりとりは本当に楽しかったです。ラストのソウの八津への告白(?)も。でも、中盤あたりのソウが一番好きだな。
八津がこの先、建築の道をどう進んでいくのかは解らないし先は長いけれど、父親の遺してくれた場所でソウと一緒にやっていける日がいつか来ると良いな、と思いました。

個人的評価:★★★★☆

ウサギは追うと、なぜ逃げる?[画像:bk1] 詳細情報→ 【Amazon】 【bk1】
スポンサーサイト
新刊購入予定(2006年3月)
2006年03月01日 (水) 19:43 | Edit
3月の新刊の購入予定です。

お、多いです……迷ってる分と、あらすじが解らないものは外してありますが、それでもこれだけあります。
というか、ルチル文庫8冊って……一度にそんなに出すのは勘弁して欲しいです。
……だったら買わなきゃ良いってものですが、創刊から全部購入しているのでつい……(汗)

※☆のタイトルは、確実に購入する予定。
この色のタイトルは、購入済み、もしくは注文済み。



++<Novel>

【ホワイトハート】 (3日頃)
☆ミッシング・リンク <血の刻> (仙道はるか/岩崎陽子)
☆夢に繋がれて (伊郷ルウ/あじみね朔生)

【オヴィスノベルズ】 (4日頃)
☆この手の中に堕ちてこい (牧山とも/葛井美鳥)

【アクア文庫】 (6日頃)
☆恋のはじめはラブレター (雅桃子/せら)

【ディアプラス文庫】 (10日頃)
☆リンゴが落ちても恋は始まらない (松前侑里/麻々原絵里依)

【ショコラノベルス】 (10日頃)
☆苦しいほどに愛は奪う (池戸裕子/海老原由里)

【プラチナ文庫】 (10日頃)
・我が儘な食卓 (秀香穂里/緒田涼歌)

【シャイノベルズ】 (13日頃)
・年下の男 (椎崎夕/高久尚子)

【ルチル文庫】 (15日頃)
☆恋愛証明書 (崎谷はるひ/街子マドカ)
☆いつか君が降った夜 (きたざわ尋子/ほり恵利織)
☆終わらない夢のつづき (高岡ミズミ/片岡ケイコ)
☆おまえは、愛を食う獣。 (神奈木智/金ひかる)
☆君こそ僕の絶対 (いおかいつき/奈良千春)
☆六本木心中2 (ひちわゆか/新田祐克)
☆この口唇で、もう一度 (うえだ真由/やしきゆかり)
・王子様の甘美なお仕置き (水上ルイ/佐々成美)

【アクア文庫】 (18日頃)
☆天使のわけまえ <セカンド・メッセンジャー2> (月夜野亮/石原理)

【ビーボーイノベルズ】 (20日頃)
☆恋をしてはいけない (吉田ナツ/高永ひなこ)
☆皇帝は白百合を奪う (加納邑/門地かおり)

【もえぎ文庫】 (20日頃)
☆嵐を呼ぶのはベルサイユ~私立清水谷学園物語~
  (樹生かなめ/笠倉志岐)


【アルルノベルス】 (下旬)
☆罪深き夜の僕 (水月真兎/藤井咲耶)
・蜜のように毒のように (杏野朝水/佐々木久美子)

【ガッシュ文庫】 (24日頃)
・キス&クライから愛をこめて (小塚佳哉/須賀邦彦) →延期

【花丸ノベルズ】 (24日頃)
・ブラッディ・ベイビィ (水無月さらら/香雨)

【シャレード文庫】 (29日頃)
☆人工楽園 (浅見茉莉/あさとえいり)

【ゲンキノベルズ】 (31日頃)
・意地っ張りたちの都合 (かのえなぎさ/小山田あみ)

【リンクスロマンス】 (末日)
☆最悪にして最高の抱擁 (火崎勇/亜樹良のりかず)
☆雨のち恋模様 (柊平ハルモ/あさとえいり)

【アイノベルズ】 (末日)
・海に還ろう (剛しいら/金ひかる)
・籠蝶は花を恋う (沙野風結子/佐々木久美子)

【リーフノベルズ】 (末日)
・もう一度愛をつかめ (加納邑/桜城やや)



++<Comic>

【ビーボーイコミックス】 (10日頃)
☆保健室まで何m? (麻生海)
☆ラブネコ (三島一彦)

【アクアコミックス】 (10日頃)
・花束みたいに抱いていて (なつの凪)



++<Magazine>

☆小説リンクス 4月号 (9日頃)
☆小説b-Boy 4月号 (14日頃)
・小説Dear+ ハル号 (20日頃)
☆小説ショコラ 5月号 (29日頃)
読書記録(2006年2月)
2006年03月01日 (水) 09:22 | Edit
2006年2月に読んだ本の覚書です。
読了順に載せています。



++<Novel>

・灼けつく肌の甘美な罠(水城薫) ★☆
・不器用な恋のスタンス(宇宮有芽) ★★☆
・嘘には酔わない(猫島瞳子) ★★☆
・プラチナ通りに恋が舞う(伊郷ルウ) ★★★★
・星降る夜の恋がたり(あさぎり夕) ★★★
・密約は甘く縛る(佐々木禎子) ★★☆
・抱擁-すべてを捧ぐ(飛沢杏) ★★★
・総理と呼んでくれ(夏木ひまわり) ★★★★
・永遠の昨日(榎田尤利) ★★★★★
・合鍵(結城一美) ★★★☆
・君だけのガーディアン(水島忍) ★★★☆
・花婿をぶっとばせ(愁堂れな) ★★★☆
・白衣の悪魔に愛されちゃう?(大槻はぢめ) ★★★☆
・恋をしただけ(妃川螢) ★★★★☆
・キス・ショット!(春原いずみ) ★★★☆
・不夜城エンドレスラヴ(金丸マキ) ★★




++<Comic>

・ラブリーシック3(大峰ショウコ) ★★★★☆ 



++<CD>

・竜頭町三丁目帯刀家の迷惑な日常 <毎日晴天! 5> ★★★★☆ 



++<Magazine>

・なし



2006年2月の読了本は、小説16冊、漫画1冊でした。

小説の読了本……先月よりも更に減ってます……。
理由は、まあ、購入記録に書いた通りなんですけど。
それでも、読んだなかでお気に入りも少ないですね。
たまたま読んだ分がそうだっただけかもしれないんですが、何を読んでもあんまり面白いと思えなくて、真剣にBL離れかと思いました(笑)
でもまあ、そういうわけでもなさそうですけど。
一番良かったのが、「永遠の昨日」
ラスト30ページほど泣きっぱなしでした。
こういうどちらかが死んでしまう(このお話では攻め)というのは、哀しいので苦手なんですけど、読んで良かったと思いました。
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan / design edit: さまない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。