空と風のうたブログ
読書記録(BL&非BL)、ゲームの感想など。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読書記録(2006年4月)
2006年04月30日 (日) 22:09 | Edit
2006年4月に読んだ本の覚書です。
読了順に載せています。



++<Novel>

・雨のち恋模様(柊平ハルモ) ★★★★☆
・やれる時にやっておけ(樹生かなめ) ★★★★
・ブリュワリーの麗人(遠野春日) ★★★★
・本能の恋(火崎勇) ★★★★☆
・甘い仮面の悦楽(音理雄) ★★★☆
・スイート2・バケーション(うえだ真由) ★★★★☆
・最愛(いおかいつき) ★★★★
・甘えたがりで意地っ張り(渡海奈穂) ★★★☆
 (※雑誌掲載分:★★★★☆、書き下ろし分:★★☆)
・罠-temptation-(遠野春日) ★★★★
・駆け引きのエクスタシー(あさひ木葉) ★★★★
・年下の男(椎崎夕) ★★★
・子猫の教育(神香うらら) ★★★☆
・砂漠の花婿は金融王(藤村裕香) ★★★
・傲慢な恋人(魚谷しおり) ★★☆
・キスで目覚めたい(高尾理一) ★★★★
・意地っ張りたちの都合(かのえなぎさ) ★★★★★
・傲慢で一途な欲望(妃川螢) ★★★★
・砂漠の花嫁(綾乃カナ) ★★★★☆
・ケダモノのティータイム(火崎勇) ★★★★
・秘密のキスは恋の味(宮川ゆうこ) ★★☆
・赤色コール <赤色サイレン2>(剛しいら) ★★★★
・臆病者が夢をみる(金丸マキ) ★★★★☆
・真夜中のキミに恋をささやく(高野真名) ★★★☆
・本日のご葬儀(秋月こお) ★★★
・雪花の檻に囚われ(真崎ひかる) ★★★★☆
・花嫁は二度さらわれる(愁堂れな) ★★★★



++<Comic>

・恋人はスイートラビ(みろくことこ) ★★★★
・ポケット・センチメンタル2(深瀬紅音) ★★★★☆
・RED(鹿谷サナエ) ★★★☆
・ちいさな本屋さん(しのはらなぎさ) ★★★★
・愛が神を殺す時(本間アキラ) ★★★★☆
・Cha-K-Ra(青海信濃) ★★★★☆
・いそがないで。(二宮悦巳) ★★★★★



++<Magazine>

・なし



2006年4月の読了本は、小説26冊、漫画7冊でした。

ここ2~3ヶ月ほどBL小説をあまり読めなかったので、とりあえず今月の新刊は今月中に!を目標にしていましたが……下旬~月末にかけて一気に新刊購入したので、目標達成は遠かった……。
でも、1ヶ月で20冊以上読んだのは本当に久しぶりな気がします。

雰囲気が気に入ったのが「雪花の檻に囚われ」でした。
雪に閉ざされた屋敷の中で2人、永遠に続くはずもないそんな時間が永遠に続けば良いのになあ、と思わされるお話でした。そんなシーンがもっと長く続いても良かったのにな……(それじゃあ、お話が進みませんが)
感想の書きにくいお話です。タイムスリップか、それとも……?と考えるのを楽しみつつ読んだので、ネタバレになるようなことを書くと楽しみが減っちゃうだろうし。でも、感想が書けそうだったら、書きたいなあとは思ってるんですけど……。
ところで、あらすじの「監禁」という部分はちょっと違うような気がします。確かに一切外出はできなかったけど、それにはちゃんと理由があって。外に出たら遭難どころか凍死してしまいそうだし、それに、日露戦争の最中のロシアで日本の軍人が外を歩いているのを見つかったらまずいでしょう、やっぱり。まあ、ミハイルが貴一を手放したがらなかったっていうのもありますけどね。

残念だったのは「甘えたがりで意地っ張り」……雑誌掲載分だけなら本当に好きなお話だったのになあ。
書き下ろし分がどうも……前半と後半でここまで好みの差が出るのも珍しいです。
それでも書き下ろしの途中までは楽しく読んでいたんですけどね。
けど、小林と治英がどうしても好きになれませんでした。
特に小林が……前半でちょっと苦手かなと思っていた部分が、後半で思い切り出てしまっていたので……。
なので、全体的な好みとしては、間を取って★3.5になってしまいました……。
スポンサーサイト
購入記録(2006年4月)
2006年04月30日 (日) 00:39 | Edit
今月もなんだかんだで結構買いましたが、予定通り(でもないかも……)小説は先月より少ないです。
でも、コミックスは先月より少~しだけ多い……(といっても1冊多いだけですが)
今月は「声が欲しい。」が発売されると知ってずっと楽しみにしてました。
以前、作者様のサイトで読ませて頂いたことのあるシリーズだったので。

この色のタイトルは読了。



++<Novel>

▽新刊

・本能の恋(火崎勇/砂河深紅/オヴィスノベルズ)
・甘い仮面の悦楽(音理雄/竹中せい/オヴィスノベルズ)
・最愛(いおかいつき/山田ユギ/シャイノベルズ)
・スイート2・バケーション(うえだ真由/金ひかる/ディアプラス文庫)
・甘えたがりで意地っ張り(渡海奈穂/三池ろむこ/ディアプラス文庫)
・罠-temptation-(遠野春日/小路龍流/プラチナ文庫)
・駆け引きのエクスタシー(あさひ木葉/実相寺紫子/プラチナ文庫)
・淫らに罪深く(響かつら/緋色れーいち/プラチナ文庫)
・子猫の教育(神香うらら/CJ Michalski/ダリア文庫)
・キスで目覚めたい(高尾理一/しおべり由生/アクア文庫)
・傲慢な恋人(魚谷しおり/佐々木久美子/花丸文庫)
・月を喰らう者(月夜野亮/小山田あみ/アクア文庫)
・ケダモノのティータイム(火崎勇/依田沙江美/プリズム文庫)
・保健室の事情(本庄咲貴/陵クミコ/プリズム文庫)
・恋 私立櫻丘学園寮(橘紅緒/北畠あけ乃/シャイノベルズ)
・赤い呪縛(松田美優/奈良千春/シャイノベルズ)
・赤色コール <赤色サイレン2>(剛しいら/神崎貴至/キャラ文庫)
・本日のご葬儀(秋月こお/ヤマダサクラコ/キャラ文庫)
・臆病者が夢をみる(金丸マキ/明森びびか/キャラ文庫)
・桜姫(水壬楓子/長門サイチ/キャラ文庫)
・御曹司と恋のレシピ(池戸裕子/祭河ななを/アルルノベルス)
・秘密のキスは恋の味(宮川ゆうこ/甲田イリヤ/アルルノベルス)
・声が欲しい。(桜木ライカ/飴本巽/バジルノベルズ)
・HOLD ME TOUCH ME(姫野百合/杉原チャコ/バジルノベルズ)
・~リアランの竜騎士と少年王~ 砂漠の流星
 (花衣沙久羅/小島榊/コバルト文庫)
・ぷちまじ~恋のリトルマジック~(高峰あいす/両也/f-LAPIS文庫)
・名前を呼んで(谷崎泉/今井車子/リンクスロマンス)
・花降る夜に愛は満ちる(真先ゆみ/笹生コーイチ/リンクスロマンス)
・微熱の引力(可南さらさ/佐々成美/リンクスロマンス)
・風は生意気(剛しいら/亜樹良のりかず/ガッシュ文庫)
・真夜中のキミに恋をささやく(高野真名/桜城やや/ルビー文庫)
・愛してないと云ってくれ(中原一也/奈良千春/シャレード文庫)
・衝動(妃川螢/実相寺紫子/リーフノベルズ)
・ヴィクトリアン・ロマンス(篁釉以子/タカツキノボル/リーフノベルズ)
・花嫁は二度さらわれる(愁堂れな/蓮川愛/アイノベルズ)
・禁断の花(泉美アリナ/稲荷家房之介/アイノベルズ)
・雪花の檻に囚われ(真崎ひかる/あおぎり尊/アズ・ノベルズ)
・カッパでも愛してる(樹生かなめ/神葉理世/ホワイトハート)
・不明熱~恋愛処方箋~(檜原まり子/桜遼/ホワイトハート)
・太陽と月の背徳 上(高岡ミズミ/水名瀬雅良/ホワイトハート)
・人魚姫じゃないから(火崎勇/小路龍流/アルルノベルス)


▽既刊

・なし



++<Comic>

▽新刊

・ポケット・センチメンタル2(深瀬紅音/ガッシュコミックス)
・Cha-K-Ra(青海信濃/アクアコミックス)
・ちいさな本屋さん(しのはらなぎさ/アクアコミックス)
・RED(鹿谷サナエ/ミリオンコミックス)
・愛が神を殺す時(本間アキラ/ショコラコミックス)
・いそがないで。(二宮悦巳/キャラコミックス)
・暴れる犬(佐倉ハイジ/あすかコミックスCL-DX)
・いっそもう、くどきたい!(三島一彦/あすかコミックスCL-DX)


▽既刊

・恋人はスイートラビ(みろくことこ/ガッシュコミックス)



++<Magazine>

・小説アクア 夏の号
本能の恋
2006年04月09日 (日) 21:31 | Edit
[書籍概要]
タイトル:本能の恋
著者:火崎勇
イラスト:砂河深紅
出版社:茜新社(オヴィスノベルズ)
発売日:2006/04/25

[あらすじ]
新規契約の打ち合わせをひかえた週末、綾野辺は同僚から思いがけなく告白される。動揺した綾野辺に気を遣った同僚が去った後、綾野辺は見知らぬ男からのレイプにあう。圧倒的に蹂躙された後、唇を寄せてくる男の顔を初めて見た。野生の獣のような、黒い真っすぐな目。口づけの予感に、さらに求められるのかと思った綾野辺は、最後の力で逃げ出した。だが翌週、同僚とともに訪れた打ち合わせの場に、自分をレイプしたあの男がいて…。

[感想]
新規契約の打ち合わせを控えた週末、同僚の片桐の中学の同窓会があり、その同窓会で綾野辺は片桐から告白され、その後、見知らぬ男からレイプされてしまいます。翌週、契約の打ち合わせに行くと、そこにいたのはその男で……というお話。
片桐とその男(御荘)は中学の同級生で、とある因縁がありました。そのため最初からお互い険悪、片桐にいたっては仕事を放棄しかねない態度です。というか、実際、綾野辺を置いて打ち合わせの場から出て行ってしまうんですね。けれど、御荘にレイプされた綾野辺にしてみれば、二人きりで残された状況は苦痛と恐怖でしかない。その上、片桐と御荘の関係を知るにつれて、自分が受けたレイプの真実が解ってしまう。御荘は、綾野辺を片桐の恋人だと思いこみ、その綾野辺をレイプすることで片桐への溜飲を下げようとしたのだと。今度の契約に自分達を指名したのも、クライアントとして片桐を見下ろす立場になるためなのだと。綾野辺は、最初に御荘の目を見た時からずっと御荘に捕らわれていたんでしょうね。だからこそ、御荘が見ていたのは自分ではないと知って余計に傷ついて。けど、レイプしてしまったのはどうかと思いますが、綾野辺のそれが完全な誤解なのは、読んでいる方にとっては明白でした。どう見ても御荘は綾野辺のことが好きなんだと思うし、契約に指名したのは片桐ではなく綾野辺だということも解りましたし。うーん……思い返せば、お互い誤解ばかりしていましたね、この二人。おまけにどっちも相手の話をまともに聞かないし。そして更に誤解が増えていくという……。
最初こそ怖くて御荘に対して抵抗できなかった綾野辺ですが、いつまでも黙ってやられっぱなしなわけではなく、むしろ割と強いかも。御荘とまとままる前も後も、殴ったり、コーヒーぶっかけたり、ファイルで叩いたり……とか(笑)
終盤、御荘が随分前から綾野辺のことを知っていて、長い間想い続けていたことを打ち明けるシーンがあります。あとがきで火崎先生が御荘のことを「純情青年」と書かかれていましたが、そのシーンを読んでちょっと納得(笑) 辿々しい手つきで綾野辺に食事を作ろうとして失敗したシーン(その後が良くなかったけど……)やラストの御荘の台詞を思い出して、微笑ましくなったり……。
それにしても、もし、綾野辺が同窓会に行かなかったら、これって全く違ったお話になっていたんじゃないかな。片桐と御荘の関係はあるにしても、契約の打ち合わせの場が(綾野辺にとっては)初対面で、少しずつ仲良くなっていって……って、初めに御荘が思い描いていた通りになっていたのかも。このお話ではそうならなかったし、仮定の話をしても仕方がないんだけど、場面場面でここがこうだったら、って考えていくと色々な話の広がり方があるなあなんて思ってしまいました。まあ、それは、このお話に限らず、どのお話でも言えることですけど……。

個人的評価:★★★★☆

本能の恋[画像:bk1] 詳細情報→ 【Amazon】 【bk1】
新刊購入予定(2006年4月)
2006年04月01日 (土) 19:37 | Edit
4月の新刊の購入予定です。

ここに載せているもの以外にも買うだろうけど、4月は3月ほど多くならなさそうなので、ちょっとほっとしてます……。

※☆のタイトルは、確実に購入する予定。
この色のタイトルは、購入済み、もしくは注文済み。



++<Novel>

【オヴィスノベルズ】 (5日頃)
☆本能の恋 (火崎勇/砂河深紅)
・甘い仮面の悦楽 (音理雄/竹中せい)

【シャイノベルズ】 (10日頃)
・最愛 (いおかいつき/山田ユギ)

【ディアプラス文庫】 (10日頃)
☆スイート2・バケーション (うえだ真由/金ひかる)
☆甘えたがりで意地っ張り (渡海奈穂/三池ろむこ)

【プラチナ文庫】 (10日頃)
☆罠-temptation- (遠野春日/小路龍流)

【花丸文庫】 (19日頃)
・傲慢な恋人 (魚谷しおり/佐々木久美子)

【プリズム文庫】 (22日頃)
☆ケダモノのティータイム (火崎勇/依田沙江美)
☆保健室の事情 (本庄咲貴/陵クミコ)

【シャイノベルズ】 (24日頃)
☆恋 私立櫻丘学園寮 (橘紅緒/北畠あけ乃)

【アルルノベルス】 (下旬)
☆御曹司と恋のレシピ (池戸裕子/祭河ななを)
・人魚姫じゃないから (火崎勇/小路龍流) →4月末日頃に延期

【キャラ文庫】 (27日頃)
☆赤色コール <赤色サイレン2> (剛しいら/神崎貴至)

【バジルノベルズ】 (28日頃)
☆声が欲しい。 (桜木ライカ/飴本巽)
・HOLD ME TOUCH ME (姫野百合/杉原チャコ)

【リンクスロマンス】 (末日)
☆ためらう彼の唇 (高槻かのこ/片岡ケイコ) →延期

【アイノベルズ】 (末日)
・禁断の花 (和美アリナ/稲荷家房之介)

【リーフノベルズ】 (末日)
☆衝動 (妃川螢/実相寺紫子)

【アズ・ノベルズ】 (末日)
・雪花の檻に囚われ (真崎ひかる/あおぎり尊)



++<Comic>

【ガッシュコミックス】 (10日頃)
☆ポケット・センチメンタル2 (深瀬紅音)

【キャラコミックス】 (25日頃)
☆いそがないで。 (二宮悦巳)
読書記録(2006年3月)
2006年04月01日 (土) 19:13 | Edit
2006年3月に読んだ本の覚書です。
読了順に載せています。



++<Novel>

・嘘つきなキス(早水しほり) ★★★★
・古都の紅(剛しいら) ★★★☆
・恋のはじめはラブレター(雅桃子) ★☆
・夢に繋がれて(伊郷ルウ) ★★★★☆
・ミッシング・リンク <血の刻>(仙道はるか) ★★★★
・ウサギは追うと、なぜ逃げる?(京橋ナルミ) ★★★★☆
・この手の中に堕ちてこい(牧山とも) ★★☆
・先生と恋のレッスン(真船るのあ) ★★★
・恋をしてはいけない(吉田ナツ) ★★★☆
・リンゴが落ちても恋は始まらない(松前侑里) ★★★★☆
・罪深き夜の僕(水月真兎) ★★★★★
・翻弄する指先(池戸裕子) ★★★☆
・君こそ僕の絶対(いおかいつき) ★★★☆
・高校教師、なんですが。(菅野彰) ★☆
・人工楽園(浅見茉莉) ★★★
・最悪にして最高の抱擁(火崎勇) ★★★★



++<Comic>

・保健室まで何m?(麻生海) ★★★★☆
・ラブネコ(三島一彦) ★★★★
・窮鼠はチーズの夢を見る(水城せとな) ★★★★★
・花束みたいに抱いていて(なつの凪) ★★★☆
・夜間非行(花吹雪桜子) ★★★
・君とハルジオン(木下けい子) ★★★★☆
・キスブルー(木下けい子) ★★★★
・SEXY EFFECT 96(真山ジュン) ★★★★★ 



++<Magazine>

・なし



2006年3月の読了本は、小説16冊、漫画8冊でした。

今月の小説の読了本……また少ないですね。
今月は、ずっと楽しみにしていた【英雄伝説 空の軌跡SC】が8日に届いてから、【空の軌跡SC】漬けだったので(それを考えると結構読めた方なのかも……)
長い日数をかけてクリアして、でも、それでもなかなか空の軌跡の世界から抜け出せなかったです(今も抜け出せてませんが……)
ヨシュアとレーヴェのイベント、ティータとアガットのイベント、そして、ヨシュアの涙が特にもう……! 感動するやら泣けるやら大変でした……。
……そんなわけで、コミックスはともかく小説はなかなか読めなかったです。

コミックスでは、「窮鼠はチーズの夢を見る」がもうツボにはまりまして、何回も読み返してます。続きも読みたいです。
小説では「罪深き夜の僕」が良かったです~。ヤクザ×神父でした。
アルルノベルスのサイトに掲載されている、発刊記念書き下ろしの「罪多き彼の秘め事」も読んできました。
その中に出てきた唐沢と真紀の兄・美幸のお話、「高慢な天使の僕」が7月に発刊予定だそうで。こちらは、ヤクザ×医者のようです。
唐沢のことをポチと呼んでいる美幸と、何を言われても「美幸さん美幸さん」と嬉しそうに従っているヤクザの唐沢……一体どんなお話になるのかなーと、楽しみに待ってます(だってポチって呼び方はどうなの…/笑)
あと、「箱の中」が読みたくてたまりません。
でも、「檻の外」が発売されるまで我慢です……なので、早めに発売して頂けると……。
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan / design edit: さまない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。