空と風のうたブログ
読書記録(BL&非BL)、ゲームの感想など。
愛しい獣の捕らえ方【同人誌】
2005年07月14日 (木) 16:17 | Edit
同人誌初買いしました。

タイトルは、「愛しい獣の捕らえ方」(著:水月真兎)です。
水月真兎先生の商業誌作品、「闇に棲む獣の愛し方」(アズ・ノベルズ刊)の番外編です。

今までは、商業誌作品の続編や番外編の同人誌を買ったことはなかったし、これからも買う気はなかったのですが(だって同人誌にまで手を出したら本当にキリがない/汗)、このお話はどうしても続きが読みたかったので買ってしまいました。
本編ラストの空港でのお別れの時、ケインと臣人は冬休みにロンドンで会おうって約束するのですが、この番外編にはそのロンドン編が書かれています。
二人の久々の逢瀬やロンドンで過ごすクリスマス、臣人の祖父のお見舞いなど、本編を読み終えて気になっていたことが読めて満足です。
もうラブラブいちゃいちゃな二人でした(笑)
まあ、恋人同士になってすぐにケインはロンドンに戻っちゃったので、それも当然かもしれません。
ケインの過去の疵も、なくなることはないだろうけれども、臣人によって少しずつ癒されているのが本編以上に感じることができてほっとしましたし。
あと、個人的に、臣人と祖父の対面が楽しみだったので、そのシーンも見ることが出来て嬉しかったです。
またしばらく離れ離れになる二人ですが、春にはケインが日本に永住……なので、ますますラブラブなんだろうなあと想像したりしてます。
そして、表紙。
シヲ先生の描かれた表紙の二人が幸せそうで温かそうで良いのです~。本当に、買って良かったなあと思いました。

あ、同人誌初買い……と言いましたが、厳密には初めてじゃないです。
パロ以外では初めて、という意味です(商業誌作品の同人誌は正真正銘初めてです)
と言っても、パロ自体そんなに買ったわけでもないのですが。
数年前に一度きり、インテに行ったことがありますが、その時の目的はネットで知り合った魔人好きな方のサークル伺いと魔人本でして。
同人誌を買うのは、それが最初で最後になると思っていました……。
魔人は、私にとってすごく思い入れのあるゲームで、BLにはまるきっかけになったゲームでもあるんですよね。
なので、BL商業誌を本格的に買い始めたのはその頃。
京主好きなので、今でも親友同士という関係はツボです。
まさかここまでBLにはまるとは思ってもいませんでしたが(苦笑)



▽本編紹介



[書籍概要]
タイトル:闇に棲む獣の愛し方
著者:水月真兎
イラスト:シヲ
出版社:イースト・プレス(アズ・ノベルズ)
発売日:2004/10/20

[あらすじ]
高校生の臣人は、国際的私立探偵の父と二人暮らし。ある日、父の出張でひとり留守番中の臣人のもとに精悍な金髪美形が転がり込んできた。アレキサンドライトに似た瞳をもつ、彼の名はケイン。父の友人でイギリス特殊部隊SASの元隊員の彼は事故の後遺症で視力を失っており、日本で治療を受けるという。ある晩、酒に酔ったケインは臣人を恋人と間違えて抱こうとする……。翌日、臣人は何者かに襲われ、間一髪ケインに助けられるが、危険はそれだけでは終わらなくて……!?

闇に棲む獣の愛し方 詳細情報→ 【Amazon】 【bk1】
コメント
このエントリーへのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
このエントリーへのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan / design edit: さまない