空と風のうたブログ
読書記録(BL&非BL)、ゲームの感想など。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワガママは恋の罪
2005年10月19日 (水) 21:18 | Edit
[書籍概要]
タイトル:ワガママは恋の罪
著者:妃川螢
イラスト:桜城やや
出版社:リーフ出版(リーフノベルズ)
発売日:2005/11/01
収録タイトル:「ワガママは恋の罪」 「DNA」

[あらすじ]
広告課に勤務する龍弥は、可愛い童顔を裏切る優秀なサラリーマン。あるCMの撮影初日、自ら選んだ弱冠17歳の新人モデル、カイトのワガママぶりにぶちキレ、彼を叱りつけてしまう。だがその日以来、妙に懐かれてしまう羽目に!! 「絶対、あんたを満足させてみせる」 若さゆえの情熱と勢いで迫られる一方、時折みせる男の艶に翻弄されて!?

[感想]
「罪作りな君」の番外編、SINの兄編だそうです(「罪作りな君」は未読) 年下“ワンコロ”攻め……ってところで思わず笑ってしまいました(笑)
広告課に勤める龍弥は、自らの生い立ちや家族、今までの人生から、“選ばれた者だけが纏うオーラ”を見極めることに長けていた。今回のCMで選んだモデル・カイトも、そうした自分の目が捉えた存在だった。が、肝心のカイトは、遅刻する挨拶も謝罪もろくにしない撮影自体にもやる気を見せない。それを周りが叱責しないのは、カイトの後ろにあるもの――超大物俳優とシンガーソングライターを両親に持つ業界のサラブレッドだということが解ったため。仕事を放棄しているカイトと周囲に、我慢も限界にきた龍弥は、カイトを叱りとばしてしまう。そしてその後のカイトは、別人のように撮影に集中します。それは「俺がお前を選んだ」という龍弥の言葉が嬉しかったから。カイトは、親が口添えしたからモデルに選ばれたのだと誤解し、その事に対する反抗をあんな形で意思表示したんですね。だから、自分自身を選んだという龍弥の言葉がすごく嬉しかった。それ以来、龍弥はカイトに懐かれ、龍弥もそんなカイトに苦笑しつつも結構楽しんでる感じでした。まるきり子供扱いですが(笑) でも、龍弥に説教されて素直に謝罪や挨拶をして回るカイトは実際可愛く思えました。
カイトの「付き合って」という言葉に、CMを誰もが満足できるものに仕上がったら考える、という約束をした龍弥ですが、カイトの言葉をなかなか本気に捉えてくれません。本当は本気に捉えないようにしているだけなのを、なかなか認めてくれないんですよね。カイトは、時には子供っぽく、時には年相応に、時には大人の顔で、真っ直ぐに龍弥を想い、口説いてくるんですね。そんな、ころころ変わる表情などが良かったです。絆されそうな感じというか。鮨屋での一件も、もしかしたらと思っていたら、後でその通りだったと解って、微笑ましくなりました。あと、土下座シーンも面白かったです~。
龍弥は年下のカイトに振り回されることを自覚しつつそれを楽しんでいるし、カイトの方もそんな龍弥に振り回されつつ、龍弥を振り回しているんでしょう。何だか見ていてすごく楽しいです、この二人の関係って。カイトが大人になってもこの先もずっとこんな関係なのかなあとも思えるし、カイトが主導権を握るのかなあとも思えるし。でもやっぱり、根底は変わらないんじゃないかなとも思ったり。だってカイトが主導権を握る時が来るのを実は楽しみにしている龍弥ですから(笑)
親の七光りだとかそういうことを必要以上に意識してきた(というより、せざるを得ない経験をしてきた)カイトが、龍弥に見合う男になるために吹っ切れた様子をラストで垣間見れたのも良かったです。龍弥の方の事情に関しては、ある程度自分の中で折り合いを付けているようでもあるんですけど、わだかまる部分が拭い切れていないシーンもあって。でも、カイトが、周囲が気付かない龍弥の内面を良く見ているのが解るので、そのシーンは結構好きです。

個人的評価:★★★★★

ワガママは恋の罪 詳細情報→ 【Amazon】 【bk1】
コメント
このエントリーへのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
このエントリーへのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan / design edit: さまない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。