空と風のうたブログ
読書記録(BL&非BL)、ゲームの感想など。
ウサギは追うと、なぜ逃げる?
2006年03月06日 (月) 00:22 | Edit
[書籍概要]
タイトル:ウサギは追うと、なぜ逃げる?
著者:京橋ナルミ
イラスト:ほとぎ三咲
出版社:ドリームメーカー(バジルノベルズ)
発売日:2006/03/10

[あらすじ]
建築科の教授だった父の葬儀で、冷たい印象の美形と出会った八津。それ以来、近付いてくる彼・ソウは自分をウサギだの姫だのとからかってみたり、口説いてきたり。父に恩があり、八津を助けたいといわれても、八津は信用できない。おまけに彼には学生時代に盗作し、父を裏切ったという噂が。反発する八津だったが、彼を知るうちに、そのキャラクターや才能に魅せられていく…。

[感想]
ソウがとにかく訳の解らない人でした、最初は。
はっきり言うと、二度目に会った時に初めてソウの言動を見て、これは無理だと思いました。八津と同じく不愉快な気分になって、次にソウが登場するシーンの手前で一度本を閉じてしまったほど。まあでも、最後まで読もうともう一度開いたんですけどね。そうしたら……不思議です。最初はあれだけ苦手だと思ったのに、どんどんソウに引き込まれていくんです。気付けば、ソウの言動に振り回されて読むのが楽しくなってきていました。
お話としては、ソウが八津に接触してきた理由や父親のPCに残っていたプロテクトのかかったファイル、盗作の真相などを中心に進みます。最終的にこれら全てが一本の線で繋がります。それをここでは言いませんが、ソウをあれだけ悪し様に言っておいて、とちょっと腹が立ちました(あ、ちょっとネタバレしてしまったかもしれません…/汗) でも、ソウ自身に“自分はどう思われたって気にしない、八津が傷つくのを阻止したかっただけ”と言われてしまってはね……。でもやっぱり、少しはひっかかるけど……。
あと、建築をしたいという八津の思い、それをどうしても母親に言えずにいる迷い、そしてソウに惹かれていく様子が伝わってきました。警戒から段々と信頼に変わっていくのが良かったです。
ソウは、飄々として掴みどころがなくて。でも、軽い冗談のような言動のなかに、深いことを言っていたりもして。ころころ転がるものを追いかけているみたいでした。まあ、ソウにしてみればころころと逃げ回る八津を追いかけていたのでしょうけど。ソウと八津のやりとりは本当に楽しかったです。ラストのソウの八津への告白(?)も。でも、中盤あたりのソウが一番好きだな。
八津がこの先、建築の道をどう進んでいくのかは解らないし先は長いけれど、父親の遺してくれた場所でソウと一緒にやっていける日がいつか来ると良いな、と思いました。

個人的評価:★★★★☆

ウサギは追うと、なぜ逃げる?[画像:bk1] 詳細情報→ 【Amazon】 【bk1】
コメント
このエントリーへのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
このエントリーへのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan / design edit: さまない