空と風のうたブログ
読書記録(BL&非BL)、ゲームの感想など。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読書記録(2006年6月)
2006年06月30日 (金) 23:53 | Edit
2006年6月に読んだ本の覚書です。
読了順に載せています。



++<Novel>

・そんなあなたを愛してる(高崎ともや) ★☆
・少年×忍者 恋はトライアングル(岡野麻里安) ★★★★
・傲慢な龍の帝王(鹿能リコ) ★★★★
・傲慢な龍のしもべ(鹿能リコ) ★★★★
・傲慢な龍の檻(鹿能リコ) ★★★★
・淫らな陶器(藤村裕香) ★★☆
・リロード(いおかいつき) ★★★★
・束縛は焔よりも熱く(あすま理彩) ★★★☆
・月夜にはじまるその恋は(檜原まり子) ★★☆
・月夜に惑うこの恋は(檜原まり子) ★★★
・月を喰らう者(月夜野亮) ★★★☆
・秘書の条件(佐々木禎子) ★★★★
・君はその瞳で嘘をつく(辻桐葉) ★★★
・主治医は甘く囁く(上蒼都芭) ★★★☆
・沈黙の狼(剛しいら) ★★★★
・反逆の狼(剛しいら) ★★★★★
・禁忌に溺れて(秀香穂里) ★★☆
・太陽と月の背徳 上(高岡ミズミ) ★★★★☆
・太陽と月の背徳 下(高岡ミズミ) ★★★★☆
・傷痕(中原一也) ★★★
・猫から始まる恋もある(樹生かなめ) ★★★★☆
・星に願いをかけないで(松前侑里) ★★★★★
・ありふれた愛の言葉(久我有加) ★★★★☆
・侠爛の契り(辻桐葉) ★★★★★
・ただ一人の男2(火崎勇) ★★★★★
・野蛮な恋人(成宮ゆり) ★★☆
・利息は甘いくちづけで(いおかいつき) ★★★★
・滴る蜜の甘い情熱 上(ふゆの仁子) ★★★☆
・滴る蜜の甘い情熱 下(ふゆの仁子) ★★★☆
・跪いてキスをして(妃川螢) ★★★☆
・夜明けに堕ちる恋(麻崎朱里) ★★★
・追われる夜の獣(遠野春日) ★★★★
・昨日の敵は明日の恋人(綺月陣) ★★☆
・好きと言えなくて(小川いら) ★★★★☆
・きみのお希のままに~希みがすべて叶いますように~
 (森本あき) ★★★
・コイゴコロ。(水壬楓子) ★★★★
・独裁者の恋人(高峰あいす) ★★★★☆
・限りなく危険な恋人(中原一也) ★★★★☆
・さよならを言う気はない(英田サキ) ★★★★☆
・姫君の輿入れ(和泉桂) ★★★★★
・夜夜の月(水原とほる) ★★★★★
・地獄のカワイコちゃん(加納邑) ★★★
・花陰のライオン(洸) ★★★★★
・棘の住み処(魚谷しおり) ★★★★
・その腕の中の優しい夜(こたにみや) ★★☆
・恋愛証明書(崎谷はるひ) ★★★☆
・この口唇で、もう一度(うえだ真由) ★★★★☆
・独占欲のきずあと(あさひ木葉) ★★☆
・雨がやんだら(小川いら) ★★★★★
・欲望の狼(剛しいら) ★★★★
・囁きは甘い蜜に満ちて(かのえなぎさ) ★★★
・ミスティ・ムーン(藤原万璃子) ★★★★
・君とここにあること(妃川螢) ★★★★☆
・檻の中の楽園。(六堂葉月) ★★★★☆
・妖魔様に大迷惑(若月京子) ★★★★
・ラブホテルで恋をして(鹿能リコ) ★★★
・誘拐犯は華やかに(愁堂れな) ★★★★
・この男からは取り立て禁止!(高岡ミズミ) ★★☆
・贋姫-プリンセスメイクビリーブ-(鈴木あみ) ★★★★
・月にむらくも、恋嵐(玉木ゆら) ★★
・エグゼクティブの恋愛条件(水上ルイ) ★★★★
・妖樹の供物(矢城米花) ★★★★
・君は笑顔で嘘をつく(鹿住槇) ★★★★
・濡れた楔は愛より深く(鈴木あみ) ★★★
・純愛本能(柊平ハルモ) ★★☆
・龍と竜(綺月陣) ★



++<Comic>

・仄かな恋の断片を(DUO BRAND.) ★★★★
・熱伝導(明治カナ子) ★★★★☆
・溺愛エゴイズム(葛井美鳥) ★★★★
・眠れる花(海老原由里) ★★★★
・意地悪な唇(桜井りょう) ★★★★



2006年6月の読了本は、小説66冊、漫画5冊でした。

1ヶ月に66冊も読んだのは初めてです。
新刊も大分読めたし、既刊もそれなりに読みましたし。
でも未読の山はあんまり減りませんね……(汗)
珍しく購入量より読書量の方が多い月だったので、僅かながらでも減ったことは減ってますけど。

6月に読んだ小説のなかで特にお気に入りなのは「雨がやんだら」です。
雑賀さんがすごく素敵です。
郁を抱きしめて、「早く、俺のところへおいで…」って言うところなんかもう堪りませんでした。
しばらく、この言葉が頭の中でぐるぐる回ってましたよ。
あと「侠爛の契り」は、ほのぼのしていて楽しめました。
やくざもので、拉致されたり、日本刀向けられたりしてますが、それでも終始ほのぼの~感が漂ってました……。

「龍と竜」は面白かったんですけど、でも……どうしても個人的に受け入れられない部分がありまして……。なので、読むのに大分時間がかかってしまった……。
コメント
このエントリーへのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
このエントリーへのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan / design edit: さまない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。