空と風のうたブログ
読書記録(BL&非BL)、ゲームの感想など。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恋する絶対の法則
2006年07月15日 (土) 23:12 | Edit
「恋する絶対の法則」 ★★★★★
著:いおかいつき/イラスト:奈良千春/幻冬舎コミックス(ルチル文庫)

恋する絶対の法則

[あらすじ]
29歳の新米弁護士・高城優弥は、高校生の宮路曹(みやじつかさ)に痴漢に間違われたことをきっかけに、挨拶を交わす仲に。再び痴漢に遭う曹を優弥は助けるが、犯人を見て曹は倒れてしまう。曹の父親から事情を聞いた優弥は、曹の力になりたいと思い、一緒の電車で通勤することに。曹もまた優弥に心を開き始める。一回りも違う曹への気持ちに戸惑う優弥は曹と距離を置こうとし……!?

[感想]
「好きこそ恋の絶対」「君こそ僕の絶対」のリンク作です。前2作の主人公の1人、高城幹弥の双子の弟・優弥が主人公のお話でした。今回の表紙、すごく好きです。読んでいる途中にも、何度もブックカバーを外して表紙を見てました(笑)
内容は、あらすじ通りなのですが、この曹の事情というのが……重いです。まだ小学生・中学生の頃に母親から性的関係を強要されていたという……。今は母親から離れて父親の元で暮らしていますが、母親から受けた行為で心身共に女性を受け付けなくなってしまったんですね。だから、自分を痴漢した相手が女だったことで倒れてしまったんです。そのことを知った優弥は、事情を知っていることは隠して何かと曹を気に掛けるようになります。優弥と曹の会話はテンポが良くて楽しかったですね。言いたいことを言いつつも、優弥を気遣っている曹は可愛いし。優弥も、曹の事情は関係なく、曹と話したり通勤(通学)したりするのを楽しむようになりますが……。
優弥は兄が男と付き合っているのを良く思っておらず、自分が男と付き合うというのも当然考えていませんでした。けれど、その優弥自身、男を好きになってしまう。しかも相手は高校生、未成年です。で、一度逃げてしまいます。でも、結局はいくら距離を置いても曹に惹かれる想いはなくならないと気付くんですけどね。自分の気持ちを認めたら後は潔い、そんなところは良かったです。
そんなこんなで優弥は、曹と少しでも多く会いたいと考えたり、曹と一緒に暮らすための算段を楽しそうに考えたり、曹の言動のひとつひとつににやけたり可愛いと思ったりと、すっかり曹にメロメロな(ちょっとオヤジ入ってる感じの)男になってます(笑) そして曹は、母親のこと、父親のこと、これからのこと、逃げるばかりじゃなくいつか向き合おうとする姿勢が強くて優しいなと思います。キャラとしてもカップルとしても、優弥と曹はとても好みでした。前2作よりもこちらの方がお気に入りです。
ところで、曹の父親にはすっかり信用されている優弥ですが、優弥と曹の本当の関係を知ったら曹の父親はどう反応するんだろう。続きがあったら読んでみたいですね。
コメント
このエントリーへのコメント
はじめまして。
このたび、初めてブログを始めました聖(セイ)といいます。
BL全般についての感想をコツコツつぶいていけたらと思っています。
この本の表紙、ほんとうに表紙がいいですよね~。帯がついているのがもったいない!
帯をはずしたとき、つないでいる手が見えて、
幸せ気分になりましたv
私も続きが読みたいです~。
きっと曹くんのお父さんは、ビックリするとは思うけれど、反対したりはしないんじゃないかな‥と希望的観測です。
やはりトラウマの大きさはわかっていると思うし、それに対する負い目もありますしね。
それこそ、相手の性別がどうであれ、息子が幸せに暮らせればそれでいい‥という気持ちなのではないでしょうか~。

あ、申し遅れましたが、TB&リンクさせていただきましたが、よろしいでしょうか?
これからもよろしくお願いします。では!
2006/07/23(日) 00:14:58 | URL | 聖 #RqWBMyRA[Edit]
>聖さん
初めまして、管理人の立花真幸です。
コメント&トラックバックありがとうございます。
そしてブログ開設おめでとうございます。
リンクもしていただいたそうで、嬉しいです。
こちらからも、是非リンクさせてください。
後程、聖さんのブログにもご挨拶に伺わせて頂きますね。

奈良千春先生の表紙、本当に良いですよね~。
ブックカバーを外しては良いなあと思い、オビを外しては手繋いでるよ~と喜んでました(笑)
二人とも本当に幸せそうで、こっちも良い気分になれますよね。
曹の父親は……そうですよね、反対はしないですよね。そうだと良いなあ。
むしろ、優弥の父親の方が難関かもしれないと思えてきました。

ではでは、今回はありがとうございました。
こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
2006/07/23(日) 12:30:43 | URL | 立花真幸 #gqzGzX3.[Edit]
こんばんは
立花さん、こんばんは。なんだかお久しぶりです…。すみません出不精なので(笑)

この本、一度読んだあとに立花さんの感想を拝見して、ブックカバーとオビをはずしてみました。手をつないでいたんですね…! 気づいてませんでした、もったいない!
私は踏み切りの外に立って、ドアの内側で手をつないで笑っている二人をすれ違いざまに見たいです。…無理ですね(笑)

私も聖さんと同じく、曹の父親はひどく反対はしないのではないかと思います。難関は高城父でしょう。せっかく幹弥との不和も、ちょっといい方向にむかってきはじめたかというところなのに…。
私は、二人で曹を助けたシーンを見て、幹弥はひょっとして優弥の気持ちに気づいたんじゃないかなぁと思ってます。
兄弟どちらが主役でもいいので続編読みたいですねー。こんなところで放り出されたら、(一応)主役の諏訪内の面目が立たないです(笑)

TBさせていただきました。クダクダととりとめもなくすみません;
2006/07/23(日) 22:25:21 | URL | 秋月 #3VVjZltY[Edit]
>秋月さん
こんばんは、秋月さん。
こちらこそ、ご無沙汰していてすみません。
コメント&トラックバックありがとうございます。

この本は最初から購入予定だったんですが、表紙見た途端、早く欲しくて堪らなくなってしまったんですよ。
おかげで書店に行く日までじりじり気分でした(笑)
購入してオビを外してみれば手繋いでるし何だか得した気分にもなりました(笑)

やっぱり難関は高城兄弟の父親ですか……。
続編が出るなら、高城兄弟と両親(特に父親)との何らかの進展があると良いですよね。
個人的には優弥&曹の方が好きですが、どちらのカップルが主役でも、続いてくれると嬉しいです。

ではでは、ありがとうございました。
2006/07/25(火) 17:08:05 | URL | 立花真幸 #gqzGzX3.[Edit]
お久しぶりです!
こんばんは!
ものすごいお久しぶりです♪

ブックカバーの件、ここで初めて知りました!
目から鱗?です!!

なんと芸が細かいことで…!!!
奈良千春さんには、本当に頭が下がります。

久々にTBさせて頂きました★
2006/08/17(木) 23:04:01 | URL | さくら@腐女子の~オタク感想文 #FvLIUmYM[Edit]
>さくらさん
こんばんは。
こちらこそ、ご無沙汰してます。

表紙イラストはもう、オビで隠れるのが勿体ない!なんて思いながら眺めてました~。
奈良千春先生の描かれたイラストのなかでも、特にお気に入りです。

コメント&トラックバック、ありがとうございました。
2006/08/18(金) 18:32:37 | URL | 立花真幸 #gqzGzX3.[Edit]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
このエントリーへのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
恋する絶対の法則 いおかいつき/奈良千春  幻冬舎ルチル文庫 2006.07「ずっと考えてて、でもはっきりとはわかんなかったんだけど」「ただ一つだけわかったのは、やっぱり優弥さんに会いたいってことだった。 これって、好きってことなんだと思う?」「めちゃめちゃ惚
2006/07/23(日) 21:54:14 | 月と凌霄花
恋する絶対の法則いおか いつき著 / 奈良千春イラスト幻冬舎コミックス ルチル文庫(2006.7)オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る29歳の新米弁護士・高城優弥は、高校生の宮路曹に痴漢と間違われたことをきっかけに挨拶を交わす仲に。再び痴漢にあう曹を優弥は助けるが...
2006/07/29(土) 06:31:33 | 0Hz ―ゼロヘルツ―
ルチル文庫のいおかいつきさんの「恋する絶対の法則」です。イラストは奈良千春さんです。 これ以上会うたら、 ますますお前に本気になってしまうてな 【 あらすじ 】 29歳の新米弁...
2006/08/17(木) 23:01:50 | 腐女子の漫画・小説・アニメのオタク感想文::青
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan / design edit: さまない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。