空と風のうたブログ
読書記録(BL&非BL)、ゲームの感想など。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
執事は夜の花嫁
2006年10月01日 (日) 10:18 | Edit
「執事は夜の花嫁」 ★★★★☆
著:あすま理彩/イラスト:あさとえいり/海王社(ガッシュ文庫)

執事は夜の花嫁

[あらすじ]
全てを捧げ奉仕する、それが執事の務め――。幼い頃、弟とともに伯爵・アレイストに拾われた晶緋は、彼に恋心を抱きながら、執事として仕える毎日を送っている。しかしある事件をきっかけにアレイストの正体を知り、口封じのため無理やり花嫁にされてしまった…。淫靡な婚礼の儀式を経て、夜毎花蕾を使われ奉仕を強いられる。でも、彼の好きな人は本当は晶緋の弟だったのだ…! 仕方なく花嫁にした不本意さをぶつけられるように酷く抱かれる日々。晶緋は泣きそうな思いを堪え彼に仕える…この切ない一途な想いの行方は――。

[感想]
「神父は夜の花嫁」に続く夜の花嫁シリーズの第2弾です(それぞれ主人公&カップルは違います) シリーズだし、吸血鬼ものは大好きなので、今回はあらすじも見ずに買ってしまいました。
読み終えてみたら、前作よりもこちらの方がかなり好みでした。「神父~」の攻だったジンも良かったけど、今回の攻のアレイストはもっと好きですね。とても優しい人で、晶緋(受)のことをとても大切にしていて、読んでいてほっと安心できる人、というか……。けれど、それは晶緋にとっては残酷な優しさだったんですよね。正体を知られたら、相手を意志のないしもべにするか、花嫁にするしかない。本当は弟が好きなのに、アレイストの正体を知ってしまった晶緋を守るために仕方なく花嫁にしただけで、アレイストの気持ちは自分にはない。そういうふうに思っているから、どんなに優しくしてくれても、それが却って辛いんです。それでも晶緋は、昼間は執事として、夜は花嫁として、一途にアレイストに尽くします。
ただ、最初から最後まで晶緋視点の話なのに、アレイストの本心もすごく良く解るんですよね。不本意にも晶緋を花嫁にせざるを得なかったアレイストの葛藤とか。勿論、「不本意にも花嫁にせざるを得なかった」というのは、晶緋が思っているような理由からではありません。 以下ネタバレ(ここから→)アレイストは最初から晶緋を花嫁にする気でいたけれど、晶緋の気持ちが育つまで待つつもりだったんですね。なのに、その前に正体を晶緋に知られてしまい、だからといって、しもべに、ましてや他の吸血鬼のしもべになどしたくなくて、花嫁にすることを選んだ。結果的に、晶緋の気持ちを無視して花嫁にせざるを得なくなってしまったことが“不本意”だったんです。(←ここまで) また、正体を知った晶緋に怯えられて逃げられるのが怖いという気持ちもあるわけで、晶緋が切ない思いを抱えている一方で、アレイストも随分悩んだんだろうなあ……。でも、そんなアレイストの言動や気持ちが解っていても、晶緋の苦しくて健気な想いにも思い切り感情移入してしまいました。
事件の真相に関してはちょっとなあと思ったけれど(動機とか出てきましたっけ……?)、晶緋とアレイストの恋愛面ではとても楽しく読ませて頂きました。
コメント
このエントリーへのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
このエントリーへのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan / design edit: さまない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。