空と風のうたブログ
読書記録(BL&非BL)、ゲームの感想など。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読書記録(2006年10月)
2006年10月31日 (火) 21:48 | Edit
2006年10月に読んだ本の覚書です。
読了順に載せています。



++<Novel>

・恋愛DAYS~ひとつ屋根の下~(野々原綾瀬&南月ゆう) ★★★☆
・運命の鍵開けます(いおかいつき) ★★★
・恋は淫らにしどけなく(愁堂れな) ★★★☆
・ひまわりレジデンスの住人たち
 可愛いからって惚れるなよ!(鹿住槇) ★★★
・愚直スタイリッシュ(花川戸菖蒲) ★★★★
・少年×忍者 その恋、プライスレス(岡野麻里安) ★★★★
・ダブル-犬も歩けば棒に当たる-(谷崎泉) ★★★★
・髪に触れる愛しい手(かのえなぎさ) ★★★
・罪魁はやさしき彼の人(宮川ゆうこ) ★★★
・砂漠のシークと桜の姫君(泉美アリナ) ★★★☆
・ラインに乗って会いに来て(佐屋野一美) ★★★★
・ロマンチストなろくでなし(渡海奈穂) ★★☆
・抱きしめたまま、ここにいて。(真崎ひかる) ★★★★
・世界でたった一つ、恋愛の証(日向唯稀) ★★★
・姫君と不夜城の覇王(眉山さくら) ★★★
・孤独な龍は愛に溺れる(池戸裕子) ★★★★☆
・カラダからつたわる(妃川螢) ★★★★
・永遠のレジェンド(藤堂夏央) ★★★★★
・永遠のレジェンド-花がたみ-(藤堂夏央) ★★★★☆
・永遠のレジェンド-澪つくし-(藤堂夏央) ★★★★★
・夜にくちづけ(名倉和希) ★★★★☆
・姫君は海賊にさらわれる(森本あき) ★★★★
・シンデレラを嗤え(剛しいら) ★★★★
・大使閣下へ愛をこめて(水島忍) ★★★★
・妖魔様と恋の逃避行 (若月京子) ★★★★
・雅に恋して! (夢乃咲実) ★★★
・二響螺旋-愛と熱情のアリア-(池戸裕子) ★★★
・恋獄の獣との愛の日々(吉田珠姫) ★★★★★
・本番開始5秒前(菱沢九月) ★★★
・蜘蛛の褥(沙野風結子) ★★★☆



++<Comic>

・ラブ・エゴ(桜川園子) ★★★★
・私立翔瑛学園男子高等部 倉科先生の受難3(志野夏穂) ★★★★☆
・ネクラートホリック(山葵マグロ) ★★★☆
・春に焦がれて(ほづみ音衣) ★★★
・オレって、天使(しょうおとあや) ★★★★
・天然男子が落ちる罠(タカヒサ亨) ★★★★
・レンズ越しの微熱(かいやたつみ) ★★★★
・春待蝶戀歌(みろくことこ) ★★★★☆
・隣にきみのぬくもりを(大槻ミゥ) ★★★★☆



2006年10月の読了本は、小説30冊、漫画9冊でした。

お気に入りな作品は、下に画像を載せてます。
なかでも一番のお気に入りは、「恋獄の獣との愛の日々」です。本当に楽しみに楽しみにしていて、そして読んでみると期待以上でした~。
下に画像を載せていない作品では、「永遠のレジェンド」シリーズが面白かったです。積読だったのですが、読み始めると止まらなくて3冊まとめて読んでしまいました。伝承とか風習とかを絡めたお話で、とても興味深かったです。結城兄妹の過去が解る3冊目は特に好き。ああ、これで終わりなのが哀しいです。キリがないので同人誌にまで手は出せませんし……。
あと、「姫君は海賊にさらわれる」と「妖魔様と恋の逃避行」も良かったです。

孤独な龍は愛に溺れる  ラインに乗って会いに来て  抱きしめたまま、ここにいて。  夜にくちづけ  恋獄の獣との愛の日々

コメント
このエントリーへのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
このエントリーへのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
同人誌同人誌(どうじんし)とは、同人雑誌(どうじんざっし)の略であり、同好の士(同人)が資金を出し合って作成された雑誌のこと。但し、「個人誌」など、この定義から外れるものも同人誌として認知されているため、むしろ執筆者が自ら版元|発行元となる雑誌と捉えた方
2007/10/12(金) 13:38:29 | 雑誌辞典
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan / design edit: さまない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。