空と風のうたブログ
読書記録(BL&非BL)、ゲームの感想など。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恋愛迷宮
2006年11月30日 (木) 22:57 | Edit
「恋愛迷宮」 ★★★★☆
著:火崎勇/イラスト:海老原由里/ワンツーマガジン社(アルルノベルス)
恋愛迷宮

[あらすじ]
童顔の社長令息・寿々木輝美は素性を隠し、野性的な容貌に圧倒的なオーラを纏うエリート・木嶋の下で働いている。彼への純粋な憧れ──だが誤解した木嶋に突然「好きだ」と押し倒されてしまう。そして肌を這う彼の指や舌から与えられる快楽に、抵抗さえできず呑み込まれていき……。注がれる彼の『愛情』と『憧れ』の狭間で戸惑い悩む輝美は「好きな人がいる」と嘘をつき逃れようとするが――!?

[ひとこと]
とにかく木嶋が可哀想でした……。好きな相手(輝美)から、好きだの惚れてるだの、挙げ句に何されても良いくらい好きとまで言われたら、そりゃあ勘違いもしますよ。まさか単なる“憧れ”からきた言葉だとは思えないでしょう……。両想いだと思って手を出したら拒まれて最後まで出来なかった上にその後は避けられて、かなり木嶋に同情してしまいました。まぁ、輝美もその時点では気付いていないだけで、本当は恋愛感情だったんですけど。気付いた時には誤解と擦れ違いが積み重なってしまっていたんですよね。それでも、どんな態度を取っていても木嶋が輝美を好きなのは最初から最後まで変わらないので、その辺は安心して読めました。
コメント
このエントリーへのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
このエントリーへのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan / design edit: さまない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。