空と風のうたブログ
読書記録(BL&非BL)、ゲームの感想など。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ユグドラ・ユニオン】(1)
2008年01月24日 (木) 23:45 | Edit
【ユグドラ・ユニオン】、プレイ始めました!
起動した後、タイトル画面になるまでのロード時間が長い……。でも、それ以外の場所でのロード時間は割と短め。戦闘時のロード時間はまったくなし。そこそこ快適でほっとしました。OPムービーも良かったです。



■CHAPTER1 希望を手に追われる者■



▼BATTLE FIELD-01 盗賊の砦
というわけで、ゲーム開始。帝国軍に追われる亡国の王女・ユグドラが、盗賊の砦に身を隠したところから。ユグドラを追う帝国軍のアイギナ(この時点では名前は不明)は、盗賊の砦に火を放ち、ユグドラを炙り出そうとするが、そこへ盗賊の砦を根城にしている盗賊の首領・ミラノ(異名:銀狼のミラノとか盗賊王とか)とそのコブンが戻ってきて戦闘に。
最初なので、色々できない(スキル発動とかユニオン結成とか)。でも、敵はアイギナ以外は強くないので楽勝。コブンは経験値が入らないので、戦闘はミラノ(クラス:ストレイシーフ)だけでやりました。武器が斧のミラノは、剣に弱い(アイギナは剣)けど、最初なのでアイギナ相手でも余裕で勝てます。アイテムも無事取って終了。
そして、ミラノとユグドラが出会う。祖国解放を目指して帝国と戦うつもりのユグドラは、ミラノに協力を頼むのですが……。ミラノ自身帝国に刃を向けてしまったし、根城も焼け落ちてしまったので、帝国と戦うことに異存はないそう。ユグドラの持ってる剣(聖剣グラン・センチュリオという王家に伝わる大切なものです)をくれたら手伝うというミラノに、ユグドラはこれだけは渡せない、でもそれ以外なら何でもあげると約束。で、帝国から国を取り戻したら、新たな根城としてお城を貰うことに。……。って、そんな簡単にお城あげるなんて約束するのってどうなんでしょう、姫さん……。
そうそう、ミラノはコブンたちに慕われてますが、気持ちは解るなぁ。私もミラノ大好き。コブンたちも可愛いです。



▼BATTLE FIELD-02 狼の口
王国軍の本隊と合流するため、ミラノ&ユグドラはオーランドへ向かう。しかしその途中、狼の口で、帝国軍の傭兵部隊・インザーギ隊が待ち伏せしていた。ここで戦闘に。
敵部隊は剣と斧、こちらも剣と斧です。でも、はっきり言ってユグドラ(クラス:ソードメイデン。ゲーム後半で、ラ・ピュセルになる)は弱いです。Lv.1だし。剣だから斧には強いはずなんですが、辛勝しかできない。反面ミラノは、剣相手でも余裕で勝てます。相変わらず、強いなぁ。さすが主人公(……あれ? ユグドラが主人公だっけ?)。でも、ユグドラは基本的に毎回強制出撃なので、育てておかないと……ということで、ユグドラの経験値稼ぎのために、出来るだけユグドラで戦闘。反撃を完全ガード出来る絹のコルセットを装備しているのに、ギリギリで勝つ戦闘が続く……。で、うっかり、インザーギをユグドラで倒してしまった。アイテム取り損ねた……(LUKが高いミラノで倒さないと、インザーギの装備していたアイテムを入手できないんです)。でもまぁ、ミラノもユグドラも1度も負けることなく、戦闘を終えられて良かったです。士気低下なしで一安心。インザーギ隊は撤退しましたが、帝国軍将軍・レオン隊が追撃に。戦っても被害が大きくなるだけなので、さっさと狼の口を突破して終了。
その後、ミラノの幼馴染み・キリエ(この時点では名前&ミラノとの関係は不明)の救援のおかげで、無事、帝国軍の追撃を振り切ることに成功(キリエは、仲間にはならないんだけど、時々救援に来て戦闘で活躍してくれたりします。クラスはグリフライダーで飛行ユニットだし、戦闘でも強いし、かなりお役立ちなキャラです。でも、今回はこれだけで終わり)。
そして、ミラノ&ユグドラは、今度こそオーランドへ……。



今日はここまでで終了。続きはまた明日できたら。
コメント
このエントリーへのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
このエントリーへのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan / design edit: さまない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。