空と風のうたブログ
読書記録(BL&非BL)、ゲームの感想など。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スリルなキスをもう一度
2005年02月15日 (火) 10:06 | Edit
[書籍概要]
タイトル:スリルなキスをもう一度
著者:黒崎あつし
イラスト:阿川好子
出版社:角川書店(ルビー文庫)
発売日:2001/08/01
収録タイトル:「独占欲の印」 「素直なあなた」

[あらすじ]
新人教師の安藤俊は、教え子の高梨弘樹と付き合っている。学校では絶対秘密にしなくちゃいけない関係なのに、俊は弘樹が校内でしかけてくるHな誘いを断り切れない。ある日、そんな二人の関係が養護教諭の中里にバレてしまう。その上、おどされた俊が保健室で中里に襲われてしまって!?

[感想]
「キスをもう一度」シリーズ第3作目、最終巻です。俊&弘樹のお話です。いざこざはあったものの、割と甘めな雰囲気だったように思います。
あらすじに“おどされた”とあったので、「弘樹(生徒)と付き合っていることをバラされたくなかったら……」みたいな展開なのかと思っていたら全然そんなことなかったです。むしろ、どこがおどされてるんだろう?って感じでした。確かに何回も俊にちょっかいをかけてきましたが、中里はいろんな意味でとても愉快なキャラで、どうにも憎めなかったですしね。いや、未遂とはいえ俊を襲ったのは事実ですけど。でも、弘樹に殴られるわ(これは自業自得ですが)、存在を無視されて目の前で痴話喧嘩されるわ……そりゃ堪ったものじゃないよなあとちょっと同情してみたり。
その痴話喧嘩に至った理由ですが。順調に付き合いを続けている俊と弘樹ですが、悩みは尽きなくて。俊は、もし周囲に自分たちの関係がバレても自分は何とでもなる、でも弘樹の白紙の将来を潰すことになるかもしれないと教師と生徒という立場を必要以上に意識してしまうんですね。それで素直になれなかったり、気負いすぎたりして……教師と生徒の恋愛で避けては通れないことなのかもしれないですが、俊みたいにあれこれ考えすぎるのも却って心配になってしまいました。一方、弘樹は、前回抱えていた俊が離れていくかもしれないという不安を払いきれずにいて、それを俊に知られたくないし、もう傷つけたくないとも思っていて。だから何か形になるものを……と考えるのですが、それがすれ違いの元に。一緒にいられる時間が少なくなったり、弘樹に女の影がちらついたりで……俊がまた落ち込み、自分が身を引こうとまでします。ひとりで過ごしている時も、別れる決意を秘めたまま弘樹と一緒にいる時も、俊の心情がすごく切ないのですが、弘樹がしていることの想像はつくので私としては安心して読めました。で、そんなすれ違った状態のなか、俊が中里に襲われたことがきっかけで痴話喧嘩に発展してしまったわけです。でもまあ、お互いとことんぶちまけ合ってすっきりしたんじゃないかなあと。たまには感情的になって溜まっている気持ちを吐き出してしまった方が楽になれるし、その後でいくらでも冷静に話し合えば良いんだしね、とも思いました。
今回も森本と及川は個人的に好感度高しでした。森本はあの独特の性格や雰囲気が良いんですよね。見ていてほっとするというか。周囲を拒絶していた弘樹が森本だけは突っぱねなかった理由が解るような気がします。及川は意外と良い性格でしたが、そこがまた気に入っていたり。中里とのやりとりも面白かったです。……というか、及川も知ってるみたいでした、俊と弘樹の関係。うーん……それなら前回の時も知ってたのかなあ、そこはちょっと解りませんでした(汗)
短編の「素直なあなた」では、弘樹の「俊を酔っ払わせてあれこれ聞き出そう&させよう」計画(笑)が面白かったです。酔っ払うと素直になるんです、俊って。禁酒しようとしているのに結局飲んでしまう、懲りない人です。弘樹にとっては、そういうところも可愛いんでしょうけど。ともかく、ごちそうさま、という感じでした(笑)

個人的評価:★★★★★

スリルなキスをもう一度 詳細情報→ 【Amazon】 【bk1】
コメント
このエントリーへのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
このエントリーへのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan / design edit: さまない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。