空と風のうたブログ
読書記録(BL&非BL)、ゲームの感想など。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雪-SNOW-
2005年01月24日 (月) 21:12 | Edit
[書籍概要]
タイトル:雪-SNOW- <硝子の街にて2>
著者:柏枝真郷
イラスト:茶屋町勝呂
出版社:講談社(ホワイトハート)
発売日:1996/10/05

[あらすじ]
大雪に凍えるNYの街路で死にかかった男がノブに言ったのは「近寄るな、ユキオンナ」!? トップデザイナーの死の裏に隠された真実とは――? どこまでもピュアなノブとシドニーの友情と純愛のNY物語。

[感想]
今回はタイトル通り、全編にわたって雪が重要なキーワードでした。
そして何より。プロローグで、幼い頃のノブとシドニーのエピソードが……二人ともすごく可愛いんですよ~。イラストもありですよ~。
今回、「窓」で登場した制服警官のヘンリーが刑事に昇格してシドニーの相棒になったんですが、彼がまた良い人で。律儀で熱心で……スピード狂ではあるんですが、そこもまた良いかも。
ところで、ノブの部屋とシドニーの部屋ってバスルームでつながっているんですが、このバスルームのドア越しの会話がすごく好きなんですよね。特に今回は、会話をしつつシドニーがノブの状態を(ドア越しにも関わらず)察してしまったところがすごい。ノブのこと良く解ってるんだなあと。眠れないノブのためにココアを作ってくれたりもするし……スープを作った鍋(勿論、洗っていない)で作ったココアですが(笑)
……ちなみに、シドニーってノブに言わせると横着者らしいです。らしいというか……まあ、シドニーの部屋の状態の描写を見ればすぐに解るかも。
気に入ってるシーンは、過去に起きたことの夢を見てしまってノブが不安定になった時のこと(その夢が事件に関連した夢でもあるんですが)
幼い頃にもその夢を見て、そんな時はシドニーの家に泊まらせてもらったそうで。で、今度もそのつもりでノブはシドニーの部屋に行くんですが……。シドニーにとってはたまったものじゃないわけで、「あのころだって、半分、拷問だったのに」と言うんですが、ノブは「寝相は悪くないつもりだしいびきもかかないよね」と。そのノブの言葉に、そういう問題じゃないんじゃ……と思い切り突っ込みたくなってしまった。そしてシドニーがちょっと可哀想になってしまった(笑)
あと、ダニエルの言動にいちいち反応してしまうシドニーが面白かったです。ノブには知られなくない、ノブにちょっかい出されるのが嫌、ってことですかね。……そして、よっぽどノブの髪が好きなのね(笑)
事件の方では、やっぱりノブがシンクロしてしまって……。ノブの中の母親の存在の大きさを改めて知った気分です。ノブだからこそ真相に気付けたというのは複雑なんですが……でも、ノブが事件を解決するのを見るのは好きなんですよね。
それから、リロイが本当に健気で良い子で……本当に心から幸せになって欲しいです。でも、リロイはもう十分幸せだと思っているのかもしれませんね……。

個人的評価:★★★★★

雪-SNOW- <硝子の街にて2> 詳細情報→ 【Amazon】 【bk1】
コメント
このエントリーへのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
このエントリーへのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan / design edit: さまない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。