空と風のうたブログ
読書記録(BL&非BL)、ゲームの感想など。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【大帝国】(5)
2011年06月14日 (火) 14:03 | Edit
【大帝国】、86ターン目に入りました。飽きてきたと言いつつ、気がつけばプレイしてたり……。

レッドファランクス壊滅、エイリス滅亡、イスパニア内乱終結&日本領に……まで進めました。
あとは、ソビエトのみ。あ、ソープとアステカも残ってますけど、それは後回しで。
エイリスは、ドクツやガメリカと比べるとあんまりシナリオというほどのものはなかったなぁ……という印象。それに騎士提督3人のうち2人は何処に行ったのかと……。エリザのスエズ視察中にスエズ侵攻してたらまた違うシナリオがあったんでしょうか。

前回はガメリカ滅亡まででした。
すぐに新勢力レッドファランクスが登場しましたが、レッドファランクスは日本の領域(かつ敵領域と接しているところ)にランダムで出没する(=侵攻戦ではなく防衛戦)ようなので、当初の予定通り、しばらくは防衛に徹することに。レッドファランクス戦に主人公を何度か参戦させるとレッドファランクスの司令官を拘束できるということなので、主人公の近くに現れるまでロードしつつ防衛しました。やっぱり、あの司令官は、主人公の奥さん……スカーレットでした。ワープ事故で行方不明(死亡扱い)になったけど、生きていたんですね。でも、スカーレットはワープ事故の時のショックか何かで記憶を失っていて、夫である主人公のことも娘である真希のことも覚えていませんでした。何回か交戦した後、イベントが起きて、スカーレットは日本軍に拘束されました。イベントフェイズで、スカーレットも選択できるようになったのですが、これを選択するとエンディング分岐に影響があるようなので、とりあえずは放置しておきます。
レッドファランクスとやり合ってる間に、イベント選択で、ドロシーやデガナウィダ・ブラックホースといったスペディオ組も加入。この3人といい、ダグラスやハンナといい、ガメリカ勢はみんな指揮も性能もかなり良いです。ブラックホースは艦船2つしか配置できないけど、全攻撃+70%(LV5時点)があるし……。ダグラスはついついキャロルと同じ星域に配置してしまいます。あと、ダグラスのイベント2つほど見たんですが、面白かったです。う~ん……やっぱりダグラス主人公の方が楽しかったんじゃ……とか思ってしまった。

レッドファランクスを壊滅させたので、当面はエイリスに集中。準備を調え大ローマへ侵攻……というほど難しくもないですけどね。防空やバリアがあれば問題なく占領可能。ここでは、イタリン勢のユーリ・ユリウスとムッチリーニを仲間にできます。
……で、大ローマを落とした直後、イベントが発生。どうやらエイリスには他国には知られていない秘密のワープコードがあるらしく、それを使えば繋がっていない星域にもワープできる。これによって、毎ターン日本領内の2ヶ所にエイリス艦隊が現れるようになります。そんなに強くない(むしろ弱い)けど、毎ターン現れるので鬱陶しいです。
そうこうしているうちに、ワープ事故が発生。エイリス艦隊がワープしてきた地点に、日本の艦隊がいて衝突し、大惨事に。これによって一時休戦となり、お互いの艦隊の立て直しを図りますが、肝心の、女王セーラの艦船・クィーンエリザベスと主人公の艦船・長門は、ワープ事故の影響で、異世界(?)に漂流してしまいます。こちらはこちらで、元の場所に戻れるまで一時休戦して協力体制を取ることになります。……ということなんですが……結局またこのパターンなんですね。まぁ、今回はまだマシかなぁ。1ヶ月もお互い協力&親睦を深めれば、和平という話になってもおかしくないし、女王として常に気を張っていたセーラが、この1ヶ月の間は女王としての責務を多少なりとも緩和できたわけですから。でも、やっぱり主人公に惚れてそういうことになるのね、と……。しかもその過程はすっ飛ばしすぎだし。協力開始してちょっと親睦をはかって(ここまでは多少の描写がある)。で、いつの間にやら日数が経っていて、主人公とセーラは夜を共にする間柄に……というのをたった数行で説明されても……。セーラが主人公の傍では女王じゃなく1人の女性としていられる、というのは解るんですけどね。でもなぁ……あー、もう、そういうものなんだと流すしかないですね。
……まぁ、そんなあれやこれやがあって、クィーンエリザベスやクルーたちの多大な犠牲を払いながらも、真希のおかげで無事戻ってこれた主人公たちは、早速和平の交渉に入ろうとしたのですが、1ヶ月も女王不在だったエイリス国内は、腐敗貴族たちが好き勝手に振舞っていました。セーラの母で前女王のエリザも力及ばず失脚。セーラは日本との和平条件を取りまとめた後、エイリスに戻り貴族たちを説得しようとするのですが、日本との和平を口にした途端、エリザ共々エイリスを追放されてしまいます。というわけで、エイリスを貴族たちから取り戻し国民を解放するため、王族は日本軍につきました。残るエイリス領の、パリとロンドンへ侵攻開始です。
……ここからがすごく呆気なかった。ガメリカの主星を落とす時は結構大変だったのに、エイリスは簡単すぎて……まぁ、まともな提督も軍隊ももう残ってないし王族3人はこっちにいるし、当たり前と言えば当たり前だけど。でも、難攻不落の要塞(だったと思う)もあっさり落とせたのはちょっと……。日本に負けた貴族たちは金で保身に走るし……。
ともあれ、これでエイリスは滅亡。……あれ、騎士提督は何処へ……? 騎士提督の1人であるロレンスは、貴族たちに日本軍と戦うように言われたけど、女王であるセーラに刃を向けることはできないと拷問されても拒否し続けていました。ロンドンが陥落しセーラが戻ってきて再会し、改めてセーラに忠誠を誓い、日本の提督になりました。……でも、他の2人、ネルソンとモントゴメリーはどうなったんでしょうか。全然出てこないんですけど。セーラたちも話題にもしないよ。知らないところで既に戦死してたりするんですかね。

さて、エイリス滅亡によって、大きな勢力はソビエトのみとなりました。でも、ソビエト戦の前に、イスパニア(伊勢志摩)を攻略することにしました。マップを見ると解るけど、伊勢志摩を落とさないと、旧ガメリカ領と旧エイリス領が分断されたままなので、やり難いなと思ったので。日本に駐留している提督だけでもソビエトを攻められる戦力は十分ありますが、いざという時に分断されている状態なのは困るかなと。もちろん、旧エイリス領方面にもある程度の戦力は残しておくつもり。ベルリンが消滅していなければ、旧エイリス領方面からソビエトに侵攻することもできたんですけどね。
で、イスパニア。ここはあれですね、夫婦喧嘩による内乱が続いている国でしたね。……。日本は妻のローザに協力することにしたので、敵は夫のフェリペの艦隊です。ここもそんなに強くないので、天候にだけ注意して、侵攻&占領。内乱も終わりました。……夫婦喧嘩はどうなったかというと、まぁ何と言うか……ローザが勝ったので、フェリペは、これからは妻一筋と絶対服従を約束し、内乱にまで発展した夫婦喧嘩は終息……ということになりました。何だかんだで結局はラブラブな感じ? 傍迷惑な人たちだなぁ。ともあれ、ローザは日本の提督に、フェリペはローザの副官になるということで話はつきました。もし、フェリペに協力していたら、フェリペが日本の提督になりローザがフェリペの副官になってたのかな。

大帝国(86ターン目)  大帝国(86ターン目)

現在の状況は↑。
ガメリカ・エイリスが滅亡したので、大分マップが青く(=日本領)なりました。
ソビエトは、シベリアだけ落として放置状態だったので、イベントもほとんど進んでいません。とりあえず、このターンか次のターンで、シベリアの隣、ラーゲリへ侵攻予定。
コメント
このエントリーへのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
このエントリーへのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan / design edit: さまない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。