空と風のうたブログ
読書記録(BL&非BL)、ゲームの感想など。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【戦極姫3】(3)
2011年07月16日 (土) 20:32 | Edit
風邪をひきました。原因は冷房かな、多分。スーパーとか電車とか、冷房効きすぎてものすごく寒かったから。今は、暑いけど背筋ゾクゾクするほど寒い、でもやっぱり暑い……。一応、いつも行ってる耳鼻科で風邪薬もらってきたけど(内科は持病のこととか一から説明しなきゃらないのが嫌で行ってない。その点、耳鼻科なら高校の頃から通院してるし、持病のことも話してあるから楽です)、1回しか飲んでないからまだ効き目はないですね。明日の朝、少しでもマシになってると良いんだけど。来週は、恒例の通院日があるから、それまでには治っていて欲しい。

で、本題。戦極姫3。
やっと終盤くらいかな? 山城国を支配下に置いて、石高も900万近くになったので。ここまで来ると、大分楽ですね。九州の方では龍造寺家がとんでもない勢力になってますが……。

前回は、島津と三好をどうするかという状況でしたが、島津は同盟を破棄してこなかったので、三好家に集中。松永久秀は織田家との戦いで切腹してしまいましたが、他の三好勢は全員仲間にできました。

次は、織田家です。強かったです。信長・忠勝・慶次に同時に攻められた時は、退却するしかなかったもんな。忠勝、統率高すぎ……。まずは信長を逃げ場のないところへ追い込んで、捕虜→仲間に。織田家は忠勝が継いだので、本多家になりました。後は、有力武将がばらけている時を狙って何とか。浅井や朝倉にも侵攻しつつ、追い詰めていきました。でも、大分追い詰めたところで、小島家(元は上杉家だったが、謙信がどこかの勢力に負けて切腹したから、小島弥太郎が後を継いだのだと思われる)に攻められた。当主がいなくなって残った誰かが家を継いだり実権を握ったりした場合、大体は少しずつ勢力縮小→滅亡というパターンなのに、小島家は結構強くて厳しかった。せめて本多家を完全に潰してからにして……。とりあえず、多少城を取られても仕方ないと諦めて、先に本多家を潰すことに。その間に3つくらい小島に城を取られたけど、気にしない。これから取り戻せばいい。
……ということで、本多家を潰しここから反撃開始。小島家の武将がどんどん集まってきたのですが、それが幸いして、あっさり勝てました。城は6部隊までしか駐在できないので、負けて退却する時、退却場所に既に6部隊いた場合、逃げ場がなくなってしまいます。こうなると、退却失敗=死亡扱いになります。これを利用して、凌ぎました。まぁ、その代わり、小島弥太郎を仲間にし損ねましたけどね。この後は、宇佐美定満が小島家の実権を握り、いつの間にやら今川家を滅ぼしていたらしく、今川家の武将も宇佐美方になってたりしましたが、この時は他に敵対勢力もなかったので、宇佐美家に集中できました。

ここで、九州の動向について。相変わらず、島津家は進路を塞がれたにも関わらず、同盟破棄はしてこない。龍造寺家の方は、この頃には進路を塞いじゃってたんだけど、毛利家ではなく島津家との同盟を破棄したので、龍造寺VS島津になり、しばらくは九州の方は放っておいても大丈夫かなと。でも、一応、動向は気にしておくことにします。

宇佐美家の方は、今川義元と真壁氏幹(だっけ?)を引き抜いてみたりした。実は、引き抜きをしたのは初めてだったり。でも……引き抜いた武将の俸禄、めちゃ高くない? 今川義元なんか、22ですよ? うちで戦ってくれてる他の武将たちの俸禄は、ほとんど一桁台なんですけど。まぁ、軍資金が足りなくなることはないと思うので、問題ないといえばないですけど。
宇佐美家の支配国は、なんか無駄に広いというかあちこちにあるので、全部落とそうとすると大変です。宇佐美を仲間にしてからも、次々と当主が変わるし、色々な国に武将がばらけていて、ちょっと面倒くさい。そろそろ九州も気になるし……ということで、ちょっと窺って見ると、義久切腹・歳久切腹。ちょっと間を置いて、義弘切腹・貴久切腹……。ああ、もう、家久しか残ってない……。龍造寺家の方は鍋島直茂だけ切腹したみたいです。そんな状況なので、島津家が滅ぼされるのも時間の問題かなと思って、元宇佐美を潰したら龍造寺と敵対することになりそうかもということで、関東・東北方面の備えとして、北条家と同盟を結んでおくことに。……したんだけど、ちょっと失敗したかも。というのも、島津家が意外に粘っていたんですよね。いつの間にか龍造寺の木下昌直が切腹してた。この調子だともっと長く保つかもしれない。さすがに他の重臣たちは兵数5000もあるので勝てはしないだろうけど……。ともあれ、そちらの動向に注意しつつ、元宇佐美を潰すのを優先します。残る敵の武将はたった2人だしね。

ここまでプレイしてきて思ったこと。
まずは主人公。軍師のくせに人を見た目で判断しすぎなところが気にかかるなぁと。あと、主人公の立場や性格は、各家によって違うんだけど……。各家のイベントではその立場や性格に合った主人公像が描かれるわけですが、その家以外の武将を仲間にした時やキャライベントは各ルートで共通らしく、主人公像に違和感が出るんですよね。まぁ、気にしなければ良いといえば良いんですけど。
次は合戦。最初は大将を倒すのよりも攻城戦で落とす方が楽と思っていたけど、やってるうちに大将を倒した方が良いかも?と思えてきたというようなことを書いたと思います。でも、今は、やっぱり攻城戦で落とす方が楽ですね。合戦すると、あちらの兵数も減らせるけどこちらの兵数も減りますから。とにかく、数で押して、逃げ場のないところへ追い込んで、籠城したところを一気に落とす。これが一番被害も少なく楽な気がします。ただし、これは軍資金に余裕があればの話です。難易度「易しい」にしておけば、そうそう軍資金に困ることはないからできることですね(少なくとも毛利家では軍資金に困ったことはないです)。ちなみに、攻城戦では、包囲と強襲が選べますが、強襲は兵の損害が大きいのであまりやりません。包囲なら兵数はほとんど減らないので、軍資金さえあればこちらの被害ゼロで城を落とせます。序盤ならともかく、今はこっちの統率やら兵数もかなりのものなので、よっぽど堅い城でさえなければ、ほとんどは包囲で落とせますし(+スキル持ちの武将がいれば万全)。
経験値。相変わらず、主人公にはほとんど入らない。元就・隆元・元春・隆景・秀包がレベル4になっても、主人公はまだ1。ついさっき、ようやく2になりましたが……。

シナリオは……分岐のところまでは来ました。分岐後、イベント2つ発生したかな。無難に隆元ルートにしました。というか、話の流れ的に隆元を選ぶのが一番かなと思って。一番可愛いし。いや、一番可愛いのは秀包ですが、秀包ルートはないのでね。……毛利家の一番の功労者は秀包ですけどね。

番外。OP「光舞-いかづち-」について。何度も聴いてます。特にFull verが、すごく好き。CDは出ないのかなぁ。

↓現在のプレイ状況。

戦極姫3  戦極姫3

左上の画像の、赤い部分が毛利家の支配国。薄いところは自国領と他勢力領が混在している国。九州の南は島津領、九州の左上~中国地方の北部分が龍造寺領です。赤い部分の中にぽつぽつある緑の部分は独立勢力の支配国だからとりあえず放置しています(独立勢力から攻めてくることはほぼないので)。……というか、ターン数かかりすぎですかね? 皆、大体どのくらいでクリアしてるんだろ。
右上の画像は、現在残っている勢力情報。最初は60くあいあったけど、もう10しか残ってないですね。

戦極姫3  戦極姫3

元宇佐美(今は穴山家のようです)の領地はあとこれだけ。あ、左上はもう毛利家の支配下か(ひとつだけ残ってるけど)。赤いのが敵の城で、黒いのが自家の城です。右上の画像の上4人が毛利家の武将、下2人が元宇佐美の武将。この2人を倒せば、元宇佐美は滅びます。というか、このターンで潰せそうかも。周りの国は、毛利領・伊達領・北条領等なので、もう逃げ場はないしね。
コメント
このエントリーへのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
このエントリーへのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan / design edit: さまない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。