空と風のうたブログ
読書記録(BL&非BL)、ゲームの感想など。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【戦極姫3】(10)
2011年12月16日 (金) 21:17 | Edit
本題に入る前にちょっと愚痴。
セブンスドラゴン2020とコロナが来なくてイライラ。近くの営業所に着いてるのは解ってるんやけど、配達中にならない。もう嫌、○○○(←運送会社。一応伏せとく)。 繁忙期かも知らんが、またですかと思う。別件ですが、先週も遅かったからね。先週の場合は……なかなか配達中にならない→15時過ぎてようやく配達中になる(いつもなら13時には配達中になってます)→待てども待てども来ない→結局その日は来なかった(持戻)→翌日午前中に配達中になる→待てども待てども来ない→結局その日も来なかった(持戻)→更に翌日午前中に配達中になる→昼までに来なかったら問い合わせしようと思う→昼になっても来ないので、そろそろ電話をと思っていたら13時頃にようやく到着、という有様。当日持戻ったのはともかくとしても、翌日に来やんのはおかしいやろ。前日に配達しきれなくて持戻ったんやったら、翌日は配達の順番変えて先に持ってこようとか思わんの? ……あ、思わんから、翌日も結局配達しきれなくて持戻ったんか。はぁ~今回は大丈夫かなとちょっと不安に思ってたけど、不安的中。しかも今回は配達中にすらならん。○○(←運送会社。こちらも一応伏せとく)は普通に来てるのになぁ。なんで○○○はこんなに遅いんや……。つーか、来週も○○○の荷物来る予定なんやけど。まぁ、来週のは日付指定ありで、その前日には近くの営業所に着いてるはずやから、大丈夫……と思いたい。あと、買いたい本あるけど、運送会社が○○○やから躊躇ってしまう。

愚痴終わり。不愉快に思われたらごめんなさい。

ってことで、ここから本題です。
戦極姫3、追加ルートの最上家をクリアしました。時間足りないかなと思っていたのですが、↑が来ないので、もがみんルート、義光ルート、どちらも終わりました。
最初に、召抱える武将選択で、結城晴朝と結城秀康を選択。はじめは村上義清とかを選択したんだけど、何故か武将に会いに行くで選択できなかったので、結城の2人にしました。この2人は会いに行けました。メイン武将6人と汎用2人でスタート(ちなみに本編の場合だと、どこの地方の武将でも会話できるようでした)。
地方統一でエンディングなので、イベント発生頻度はそこそこでした。あ、前回の記事で言っていた池田盛周は、シナリオ進行すると仲間になりました。3ターン目冒頭だったかな。
侵攻順は、国内統一→北上→南部→蘆名→伊達で。伊達は初期同盟国なので後回しにしたら、結局最後になりました。東北は城が堅くて、最初はなかなか思うように侵攻できませんでしたね。兵力考えて侵攻しても籠城して合戦してくれないし。結構ターン数をかけつつ国内統一したら、少しは他の国の城レベルも下がっているだろうと思っていたのに、ほとんど下がっていなくてちょっとがっかり。仕方ないのでまた地道に侵攻。まずは先にも書いたように北上。そうこうやっているうちに、伊達も勢力を広げてきたようで、南部の領地に着く頃には伊達勢力もちょっと食いこんできてましたが、南部はまだ持ちこたえていました。南部の2人は絶対に仲間にしたかったので良かったです。相変わらず城は堅いけど、こっちも兵力増えてきてるし、なんとかなりました。伊達に滅ぼされる前に南部の2人を無事仲間に。蘆名の領地へ行くと、伊達と佐竹と蘆名と独立勢力が混戦状態になってました。この頃には城レベルも結構下がってきてたね。最初に侵攻しないといけない城はまだ20だったけどさ。でも、こっちの兵力は多かったし無人の城だったので、1ターンで制圧。途中、上杉と佐竹から同盟の申し入れがあったけど、佐竹は拒否しました。これから攻めなきゃならないし。上杉は隣国だけど、東北の勢力じゃないので受けても受けなくても何も影響ないからどっちでもいい。一応受けたけど。蘆名を倒し、佐竹の城も抑えて(1つしかないのですぐ終わる)、あとは伊達だけ。同盟破棄すると忠誠が下がるからしたくないんだけど仕方がない。この頃には、主要な武将はイベント見て忠誠絆になってたから、まだましか……。蘆名盛隆は仲間にしたばかりだし、そもそも佐竹と真壁がいないとイベントが途中から進まなくなるから無理ですけど。……というわけで、伊達と戦います。城レベルはかなり下がってて、籠城されても1ターンで余裕で落とせるから兵力で押してさっさと終わらせよう!と思ったのですが……。

戦極姫3

まさかこの兵力差で合戦に応じるとは……。籠城もしくは退却してくれた方が楽だったのに。といっても、別に苦戦はしなかったのですが……。↑の画像は、この一撃で結城秀康が伊達の大将(政宗)を敗走させるという場面です。
そんな感じで兵力差は圧倒的なので、さくさく追い詰めます。伊達を倒して、東北を統一すると、次ターン冒頭ですぐエンディングに入りました。追加ルートは天下統一ボタン(地方統一ボタン?)を押して終わらせるんじゃないのね。それとも本編でもそういう仕様に変更になったのかな?

戦極姫3

↑地方統一完了する1つ前のターンの状況。あと2つ城を落とせば終わり。1ターンでどちらも落としました。あ、これはもがみんルートの時のものです。
序盤はターン数かかったけど、地方統一だとやっぱり短く感じますね。でも短い割には武将の成長は早かったな。会話できる武将が少なかったし、CPを使う場面も少なかったから、全武将とほぼ毎ターン会話できたからだと思います。

戦極姫3

後から加入した武将はまだまだだけど、最上家の面々と召抱えた結城の2人はかなり成長してますね。……え? 主人公? ……相変わらずレベル1のままで終了でした。でも、最上家の主人公は全能力優秀な方なので、レベル1でも問題なく。スキルが増えないのは残念だけど。伊達の4人も仲間にしたけど、すぐに地方統一して終了なので割愛。
これで、最上家の面々と、結城の2人、南部の2人は、召抱える武将選択時に必要なポイントが下がる&絆状態で加入してくれます。もがみんルート・義光ルートクリアによって、所持ポイントも+6されてました。

……で、シナリオですが。う~ん……微妙。とりあえず、CGは9枚(うち、池田盛周と氏家のおじいちゃんのCG2枚あり。でも出来はイマイチだと思います個人的には)。ルート分岐は遅めなので、そこからやり直してもそんなに時間をかけずに両ルートクリアできると思います。主人公は最上家の家臣たちに疎まれてるので、嫌がらせ陰口当たり前のなか、もがみんと交流(?)したり義光と交流(?)したり盛周と交流(?)したり、氏家のおじいちゃん手作りの茶菓子を振舞われて癒されたり助言してもらったり。最終的にはどちらのルートも家臣たちに認めてもらえるようになるんですが、これが微妙なのよね。もがみんルートは特に酷い。もがみんに打ち明けてどうなるのかと思ったら、ひたすらもがみんといちゃいちゃすることばかり考えていて、家臣たちとのことはどうなったんだと思っていたら……エンディングでやっとですよ? しかも、戦場でのことなのに、義光・氏家のおじいちゃん・盛周は全く出てこないとかどうなんでしょう。家臣たちとの和解に関しては、義光ルートの方が良かったかなと。キャラ的にも。エンディングがHで終わりなのはちょっと……ですが。
あと、敬称が気になった。主人公ともがみんは、2人きりの時は、「もがみん」「お兄さん」って呼んでるんですが、公私はちゃんと分けます。家臣たちの前では、「義守殿」「颯馬殿」って呼びます。………。「義守“殿”」? 「義守“様”」ではなく? 公にはもがみんは当主ですよ? 様付けするものだと思ってたんですが、違うんですかね?

次は、北条ルートをやる予定。明日までにセブンスドラゴン2020とコロナが来なかったら、だけど。
コメント
このエントリーへのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
このエントリーへのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan / design edit: さまない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。