空と風のうたブログ
読書記録(BL&非BL)、ゲームの感想など。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宵-AFTERGLOW-
2005年04月05日 (火) 17:53 | Edit
[書籍概要]
タイトル:宵-AFTERGLOW- <硝子の街にて8>
著者:柏枝真郷
イラスト:茶屋町勝呂
出版社:講談社(ホワイトハート)
発売日:2001/06/15

[あらすじ]
6年ぶりの東京で自分を再確認してNYに戻ってきたノブ。ツアーガイドとしての日常、そしてバスルームで繋がるシドニーとの共同生活……そんな日々のある日、ツアーガイドのオフィスにFBIの捜査官がやって来た。ノブの上司・高田主任の知人が殺害されたのだ。その知人には巨大な疑惑も囁かれていて――。どこまでもピュアなノブとシドニーのNYラブストーリー。

[感想]
何を置いてもまずはひとこと。シドニー、おめでとう! ノブへの20数年来の片想いが成就して、自分のことのように嬉しく思っている私です。未だ友情の延長線上であるといえなくもないのですが、それでもノブのシドニーに対する感情の変化は嬉しいのです。明確にシドニーへの恋愛感情を自覚したという感じではないにしても、シドニーの前で心臓がおかしくなったりとか、そういうノブの様子を見る度に、顔がにやけてきました。元々シドニーは特別で傍にいたい存在だったわけで、だからこそ、友愛と恋愛の感情の差が難しいのかなとも思ったり。それにしても、ノブは案外大胆だったのね。公衆の面前でも平気でキスしてますから(笑) ともあれ、今回の2人はとことんラブラブで、全編に渡ってこれでもかというほどキスしてます。シドニーもいつになく上機嫌で、微笑ましかったです。そんな彼らを見守るヘンリー夫妻の“お祝い”には思わず吹き出しそうになりました。でも、せっかくの“お膳立て”もあるニュースによって続行できず……。それはシドニーの傷の深さを思い知らされるようで辛く、ただ2人の仲の進展を喜んでばかりではいられないということでもある。この先、シドニーの心の傷など向き合わなければならないことは沢山あるのだろうけれど、それでも、今は幸せを噛み締めて欲しいなあと思わずにはいられないです(勿論、私も幸せに浸っております/笑)
今回のプロローグは、幼い頃のノブとシドニーが線香花火をしているシーンでした。お話のなかや表紙でも(今のノブとシドニーが)線香花火をしていますし、花火は事件を解く重要な鍵でもあったと思います。このお話を読んで、花火って哀しいなと感じてしまいました。綺麗なんだけど、どこかもの哀しい……そんな印象です。でも、花火をしている2人は可愛くてたまらなかったです。やっぱり私にとって、2人の幼い頃のエピソードは欠かせないのだなあと実感しました。
事件の方は、後味が悪いというか……まあ、後味の良い事件などないとは思うのですが、ノブがどんな気持ちで事件の真相の一端を告げたのか考えるとどうにもやりきれなくて。ノブの上司・高田主任と亡くなった知人・武井の境遇や関係が、ノブとシドニーのそれと重なるせいもあるんですけどね。高田主任と武井は知人どころか家族ぐるみでかなり親しい間柄で、そんな事情が解ってくるごとに、ノブとシドニーが会話している様子だとかが浮かんできてしまいました。ただ、武井は家族の将来を気遣って色々と手回ししたわけですが、結果として家族を巻き込んでしまったんですよね。しかも、1番残酷な形で。残された家族が負った深い傷を思うと、哀しくてたまらなくなりました。
それにしても、FBIが絡むと妙な緊迫感があります。特に、捜査官のひとりであるジェイスンは、陸軍士官学校時代のシドニーの上級生だそうで、かつてシドニーがゲイであることをカミングアウトするきっかけをつくった人物ということで……ジェイスンと接する時のシドニーの態度は何となく危うく感じられてはらはらしました。でも、そんなシドニーにまっすぐな感情を表現するノブが、自然で、愛おしかったです。

個人的評価:★★★★★

宵-AFTERGLOW- <硝子の街にて8> 詳細情報→ 【Amazon】 【bk1】
コメント
このエントリーへのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
このエントリーへのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan / design edit: さまない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。