空と風のうたブログ
読書記録(BL&非BL)、ゲームの感想など。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魔窟のプリンス
2005年05月08日 (日) 14:57 | Edit
[書籍概要]
タイトル:魔窟のプリンス
著者:バーバラ片桐
イラスト:高座朗
出版社:幻冬舎コミックス(リンクスロマンス)
発売日:2003/05/31
収録タイトル:「魔窟のプリンス」 「魔窟の誘惑」

[あらすじ]
整った容姿に気さくな性格、その上仕事も出来る上司の辻井は、藤浪の憧れの人。ある日、飲み会で潰れた辻井を自宅まで送っていくと、そこは――ゴミや服、ありとあらゆるものが床さえ見えないほど堆積した「魔窟」だった……。成り行きでその部屋を掃除することになった藤浪。しかし、掃除を終え自分のアパートに帰ると、いきなり身に覚えのない理由でアパートを追い出されてしまった。途方に暮れた藤浪に、辻井は同居を持ちかけてくるが……!?

[感想]
容姿も性格も、仕事の有能さも、上司としては申し分のない辻井。主人公の藤浪は、そんな辻井に上司としての尊敬と同時に、憧れ以上の感情も抱いています。しかし。辻井の私生活はとんでもなくだらしがなかったのです。ドアの開け閉めにも苦労するほど散乱したゴミ、床が見えないほど乱雑に積み上げられた雑誌や衣服……足の踏み場がないどころの話じゃありません。まさに「魔窟」でした。辻井は、どうしても片づけの出来ない人で、半年前に同居人が出て行ってからは全く掃除をしていなかったらしいです。いやー……私も人のことを言えた状態ではありませんが、さすがにここまでは……という感じです。私の部屋も物が溢れていますが、少なくとも床は見えてます(って威張れたことじゃない……/汗) 掃除しようと思っても、いざやろうとすると出来ない、というのは良く解りますけどね。
一方の藤浪は、ゴミやらがあるとつい片づけてしまう性分で、辻井の部屋の惨状に驚愕しつつも、果敢にも掃除をしようとします。しかし辻井は、そんな藤浪を置いて出かけてしまいます。――一週間後、見違えるように綺麗になった部屋の中でひとり座り込んで辻井のことを考える藤浪の姿に、感心するやら可哀想になってくるやらでした。辻井の私生活のだらしなさを知っても、それすらも愛しく思えるくらいですしね。まあ、帰ってきた辻井が部屋の状態に感動している様子は、思わずほだされてしまいそうになるほど嬉しそうで、悪い気はしないかなあとは思いました。ちなみに、この一週間、辻井が何処で何をしていたかは……何となく解りますけどね(笑)
その後、とある理由から(藤浪には身に覚えのないことなのですが)、アパートを追い出されてしまった藤浪は、辻井の部屋に同居することになります。ここからは、藤浪と辻井の認識の違いがメインになっていたかな。辻井にしてみれば藤浪は、えっちもしていて同居まで持ち込んだ可愛い恋人という認識なんですね。ところが藤浪の方は、恋人になれたらとは思っているものの、今の自分の状況ではとてもそうは思えないんです。居候だとか家政婦だとか……とにかく、えっちはしていても辻井に恋人だと認識されているとは思えないわけです。それ以外の面でも、気持ち的に擦れ違っていて。お互いの言動を違う意味にとって、その状態のまま良い方向へもっていこうとするものだから、更に擦れ違いが深くなっていく。辻井の元同居人が絡んでくるようになると、特にその傾向が強くなっていくんですね。藤浪に無理させて元同居人のように突然出て行かれるのが嫌で負担を減らそうとして言った辻井の言葉が、藤浪には遠ざけられているようにとられてしまったりと、何ともじれったいです。
でも……藤浪じゃないけれど、辻井ってどうも放っておけないというか、子供みたいな部分は可愛くも思えるし、年の割にオヤジっぽいところも結構好きかも……と思わせるものがあるんですよね。藤浪が辻井の部屋を飛び出した時、スリッパでバイクに乗って藤浪を探しに行ったシーンはもう、完璧にやられました(笑) ただ、仕事をしている様子がもっと描かれていれば、その時と私生活のギャップが更に楽しめたんじゃないかなあと思います。そこがちょっと残念だったかなと。
続編の「魔窟の誘惑」でも相変わらず片づけの出来ない辻井ですが、それをどうにかしようとあれこれ考える藤浪。でも、なかなか上手くいかず最終手段に出ます。「掃除するまでえっち禁止」を言い渡された辻井は、それはもう涙ぐましい努力をして(努力する方向が違うような気もしますが/笑)掃除をしようとするのですが、結果は言わずもがな。辻井の方も最終手段に出て……というのがあらすじなのですが、本当に面白かったです。表題作よりも気に入っていたりします。相変わらずな二人の、相変わらずな日常が楽しかったです。

個人的評価:★★★★☆

魔窟のプリンス 詳細情報→ 【Amazon】 【bk1】
コメント
このエントリーへのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
このエントリーへのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan / design edit: さまない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。