空と風のうたブログ
読書記録(BL&非BL)、ゲームの感想など。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
淫らな躰に酔わされて
2005年05月31日 (火) 10:41 | Edit
[書籍概要]
タイトル:淫らな躰に酔わされて
著者:愁堂れな
イラスト:陸裕千景子
出版社:ムービック(ゲンキノベルズ)
発売日:2004/10/31
収録タイトル:「淫らな躰に酔わされて」 「オカマの純愛」 「淫らな躰に酔わされて~コミックバージョン~」 「『オカマの純愛』後日談」

[あらすじ]
新宿西署の刑事・高円寺は、キャリアの上司・遠宮と馬が合わず、何かと衝突していた。綺麗だが年下で生意気な遠宮に嫌味を言われ続け鬱憤もピークに達した時、思わず「犯してやりたい」と毒づいたのを聞かれてしまう。その夜、宿直室に現れた遠宮はいきなり高円寺の腹に跨って……!? 遠宮の快楽を貪る淫靡な躰に酔わされていく高円寺だったが……。そんな時高円寺は、追っていた殺人事件と意外な人物との接点を見出し……。

[感想]
中津と龍門がちゃっかり同棲開始……というところで始まっている、淫らシリーズ第3弾。ますます次の中津&龍門編を早く読みたくなってきました(2006年は先すぎる……)
今回は、30年来の付き合いの幼なじみ三バカトリオ(上条・中津・高円寺)の最後のひとり、高円寺が主人公です。メインの事件が殺人事件ですし、刑事である高円寺が捜査をする様子なども多々あるので、今までで一番サスペンス色が強い感じのお話でしたね。龍門も独自に事件を調べて高円寺に情報提供したりして、二時間サスペンスもの好きな私としては、この先の展開にドキドキしながらお話を追えました。
破天荒で、ちょっと……いや、かなり下品な高円寺ですが、人の心の機微なんかには結構敏感で、大らかな態度なども相俟ってイイ男だなあと思ったり(前回のお気に入りだった中津を抱きしめるシーンからも高円寺のそういう面が窺えます) 反面、自分のことになるとかなり鈍感なんですけどね。
一方の遠宮は、実際の感情とは裏返しの態度を取る、もう見事なほどの意地っ張りぶりです。高円寺のする事なす事全てに嫌味な言動をしかけてくる遠宮ですが、見えない所では高円寺を想っていたわけです。途中、その想いが見え隠れしているシーンも。ところが肝心の高円寺は、上条たちに指摘されるまで全然気付かなくて、そういうところに鈍感さが表れているなあと感じました。でも、遠宮にペースを乱されっぱなしの高円寺が楽しかったです。
そんな今回のお話のお気に入りは、やっぱりラストの告白シーンですかね。仕事でもベッドでも命令しまくり翻弄しまくりな女王様ぶりを見せる遠宮の、あの告白シーンはすごくすごく(←強調)貴重だと思う。遠宮本人も二度と言わないと言っているくらいだし。
襲い受けは私の好みからはちょっと外れているのですが、なかなか楽しませて頂きました。

個人的評価:★★★★

淫らな躰に酔わされて 詳細情報→ 【Amazon】 【bk1】
コメント
このエントリーへのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
このエントリーへのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan / design edit: さまない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。