空と風のうたブログ
読書記録(BL&非BL)、ゲームの感想など。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤシの木陰で抱きしめて
2005年01月26日 (水) 10:37 | Edit
[書籍概要]
タイトル:ヤシの木陰で抱きしめて
著者:愁堂れな
イラスト:片岡ケイコ
出版社:徳間書店(キャラ文庫)
発売日:2004/08/31

[あらすじ]
花嫁に逃げられてしまったことで、エリートビジネスマン・佐伯祐一の休暇は一変、新婚旅行先のハワイで独り呆然とすることに……。そんな祐一の前に現れたのは、旅行会社の社長兼ツアコンの健人。一見穏やかな健人に、祐一は言葉巧みにツアーへと連れ出される。ところが優しいと思っていた健人から、星空の下、突然キスされて……!?

[感想]
最初、主人公である祐一があまり好きになれなかったんですよね。結婚式をドタキャンされて呆然としつつ、予約していた教会やらのキャンセルに追われる祐一は確かに大変だったけど……結婚するに至った経緯が解ってくると、結婚相手の方に同情してしまいました。本当は2人で一緒にハワイに行くはずだったのに仕事が終わらなくて先にひとりで行かせたり、それまでにも仕事にかまけて彼女を放ったらかしにしたり……アメリカ本社への栄転が結婚を決意するきっかけになったっていうのも、仕事のために結婚するみたいで何だかなあと思ってしまった。
でも、嫌々ながらも連れ出された天体観測ツアーで星を見ることによって、彼女を傷つけていたことにやっと気付いた、というのは良かったです。改めて自分の過去や想いを振り返って考えるようになった祐一は、結構好きになりました。後になったけど、彼女ともきちんと話をしましたし。
そして肝心の恋愛に関しては……とにかく健人の台詞がいちいち恥ずかしいです。特に、祐一に告白するシーンとか。……と思っていたら、読み進めるうちに段々祐一も……結局、2人して恥ずかしい……。ラブラブといえばそうなんですが、それにしてもラスト辺りの恥ずかしさといったらもう! 読んでいる私の方が照れます(笑)
ハワイでの出来事(健人との恋愛)が、祐一にとって1番だった仕事が霞んでしまうくらい大切なものであること、2人が幸せ一杯だということは十分すぎるほど伝わってきたお話でした。

個人的評価:★★★

ヤシの木陰で抱きしめて 詳細情報→ 【Amazon】 【bk1】
コメント
このエントリーへのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
このエントリーへのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan / design edit: さまない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。